「おうち美容」×「ながら美容」が実践できる最新アイテム3選

拡大画像を見る

 コロナ禍の間、自分なりの“おうち美容”術をみつけたという人は多いのでは? テレワークや家事の時間を使って、「おうち美容」×「ながら美容」をしている人も多いかもしれません。

 パナソニックが2021年10月、20~40代の女性に『ながら美容に関する意識調査』を実施したところ、「普段、つけたままにできる美容アイテムを使って『ながら美容』をおこなうこと」が「ある」と回答した方は99%にも上ったそうです。

 その方法を尋ねたところ、「フェイスケア」が1位で90%、次いで「ボディケア」75%、「ヘアケア」36%という結果でした。具体的には、24歳の女性は「仕事がある日の朝は、フェイスマスクをしたままメールを確認している」、21歳の女性は「お風呂上がりにスマホでゲームや動画を楽しみながらスチーマーをあてている」と回答していた他、32歳の女性は「帰宅して部屋着になるときに着圧ソックスを履き、そのまま家事や食事をしている」と回答。いろんな方法があるようですね。

 最近では、「おうち美容」×「ながら美容」を実現する、次のような最新アイテムが登場しているようです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■パナソニック「マスク型イオン美顔器 イオンブースト EH-SM50」

 顔に装着するだけで、いつものシートマスクやスキンケア化粧品の美容成分を角質層まで浸透させることのできる美顔器です。ハンズフリーでながら美容が実現できる他、美容クリニックの技術に着目した高分子浸透技術を搭載したことで、シートマスクを着用しているだけのときに比べてヒアルロン酸が角質層へ10倍浸透するのだとか。

 さらに、いつものシートマスクやスキンケア化粧品と一緒に使える3つのモードがあるので、いろんな用途での活用も可能。いつものながらケアをアップグレードしてくれそうです。

■ピップ「SLIMWALK 24h マルチスキニー デニム風ブラック」

 ボディケアの中でもとくに下半身のむくみは、ながら美容に適しています。この着圧レッグウェアはデニム風のデザインなので、テレワークの日のおうち着、近所の買い物時、そしてパジャマとしても、1日中履いていられます。いつでもどこでも、好きなときに美脚ケアができるのはうれしいですね。

■三恵「天然シルク100%ナイトキャップ」

 ヘアケアは、寝ている間もできちゃうんです。枝毛や切れ毛、パサパサする、クセやうねり、ツヤがないなどのヘアトラブルの原因の一つに、“枕との摩擦”があるといわれています。

 そこで役立つのが、この上質のシルクを100%使ったナイトキャップ。かぶって寝ると髪の毛の乱れを防いでくれる他、美髪効果が期待できるシルクにより、吸湿性・放湿性・保温性に優れ、夏は蒸れにくく冬は高い保湿効果を発揮して、1年中、髪と頭皮をケアしてくれるそうですよ。

 これまでの「おうち美容」×「ながら美容」をそろそろアップグレードしたいなら、ぜひこれらのアイテムを活用してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

  • 11/18 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます