【すごい付録】おうちで手軽に毛穴ケア!「&ROSY」1月号の毛穴クリーナー使ってみた。

拡大画像を見る

マスク生活でより深刻化しがちの「毛穴詰まり」の対策グッズが付録で登場です。

2021年11月20日発売の「&ROSY」1月号(宝島社)に、自宅で気軽にスキンケアできる「電動毛穴クリーナー」が付いてきますよ!

2種類のヘッドで異なるパーツをケア

「毛穴クリーナー」はukaのエステティシャンが監修しました。

ボディにukaのロゴがあしらわれたモノトーンのデザインは、シンプルでおしゃれです。

ヘッドはプラスチックヘッドシリコンヘッドの2種類が付いています。プラスチックヘッドは直径1.4×高さ1cmで、小鼻まわりなど細かい部分に。シリコンヘッドは直径1.7cmなので、頬、あごなどの広い面に使えます

使い方は、ヘッドをセットして単3形乾電池1本(別売り)を挿入。電池カバーをスライドして電源を入れればOKです。

まずは試しに腕で試してみました。

ヘッドを肌に近付けば、肌が吸い込まれ、毛穴に詰まっている汚れも吸い出されます。痛みなどは一切感じません

同じところを3秒以上吸い続けたり、肌から垂直に離したりすると、肌を傷つけるかもしれないので、注意しましょう。離す時は、手首のスナップをきかせて、傾けて離します

離した直後、当てた部分はやや赤くなりますが、その跡がすぐに消えます。

記者の顔で試してみた。

プラスチックヘッドで鼻まわりに使ってみたところ、痛みを感じず、ピンポイントでケアできました若干プラスチックの臭いは気になりましたが、何度か洗うことで解消されるかもしれません。

頑固のつまりまでは無理でしたが、毛穴の汚れを結構取ってくれました。(記事下の動画で詳しく紹介しています)

次は、シリコンヘッドに交換して、頬に使ってみます。ヘッドの面積が大きいためなのか"吸い込まれる感"は鼻部分よりも強く感じます。しかしながら痛みはなく、心地よく毛穴ケアができました。

使い終わったら、ヘッドを取り外して水洗いすることもできます。

【動画】ビフォー・アフターがわかる!吸引効果や感想をレポート

価格は1180円。サイズはコンパクトなので、ポーチに入れて持ち歩くのも便利です。手持ちのクレンジングマスクなどと合わせて、より効果が期待できそうです。

関連リンク

  • 11/18 6:00
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます