ドウェイン・ジョンソン、次のジェームズ・ボンドにまさかの立候補!

拡大画像を見る

 『ジュマンジ』シリーズや『ワイルド・スピード』シリーズなどに出演し、プロレスの元スーパースターとしても知られるドウェイン・ジョンソンが、次なるジェームズ・ボンドに立候補した。

 ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開され、次なるボンド俳優に注目が集まっている。イギリス出身の俳優を中心に、候補の名前が次々上がる中、意外なところから立候補があった。『ジュマンジ』などで知られるロック様ことドウェイン・ジョンソンだ。

 Netflix映画『レッド・ノーティス』のプロモーション中のドウェインが、 この度Esquireのインタビューに登場。その中で、「祖父(ピーター・メイビア)は、ショーン・コネリー主演の『007は二度死ぬ』でヴィランだったんだ。すごくクールだよ。彼の足跡を追いたいと思ってる。次のボンドだ。ヴィランにはなりたくない。ボンドじゃなきゃ」とコメントした。

 ダニエルの次のボンド候補には、トム・ハーディやイドリス・エルバ、リチャード・マッデンらを推す声が上がっている。また、トム・ホランドや、ヒュー・ジャックマンが候補に名乗りを上げたのも注目を集めた。イギリスやオーストラリア出身の俳優が名を連ねる中、アメリカ出身のドウェインの参戦は想定外だ。

 なお、『007』シリーズのプロデューサー、バーバラ・ブロッコリは、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開時のインタビューで、次期ボンドのキャスティングは、来年まで検討しないとインタビューで明かしている。

関連リンク

  • 11/17 20:46
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます