成田凌、プライムタイムの連ドラ初主演 殺人犯の濡れ衣を着せられた天才外科医に

 俳優の成田凌が主演を務める新ドラマ『逃亡医F』が日本テレビ系にて2022年1月から毎週土曜22時に放送されることが決まった。成田の連続ドラマ出演は、5月まで放送されたNHK連続テレビ小説『おちょやん』以来となり、プライムタイムの連続ドラマ主演は初となる。

 本作は、原作・伊月慶悟、作画・佐藤マコトによる同名漫画をドラマ化する“サバイバル・ドクター・エンターテインメント”。成田は、恋人殺しのぬれぎぬを着せられ、逃亡する天才外科医・藤木圭介役を演じる。脚本は、『あなたの番です』の福原充則。

 天才的なオペ技術をもつ脳外科医の藤木圭介は、ある日、恋人を病院の屋上から突き落として殺したというぬれぎぬを着せられ、指名手配犯となってしまう。恋人の死の真相を究明するために地位と名前を捨て、「鳴海健介」としての逃亡の日々が始まる。彼に残されたのは医師としてのプライド、超一流の技術、そしてわずかな手術道具だけ。極限の逃亡生活の中で遭遇する「彼にしか救けられない患者」たち。追手が迫り来る中、それでも彼は目の前の命に手を差し伸べる…。

 主演の成田は「追っ手から逃げながら、手術道具が不足している中、その場にあるもので工夫して手術をする、人を救うというシーンが毎話出てきます。こんな意外なもので人を救うのか! という驚きと、捕まってしまうんじゃないかというハラハラドキドキを毎週土曜日の夜に皆さんと一緒に感じられたらなと思います」とコメント。

 原作者の伊月は「成田さん演じる主人公が日本中を逃げ回る中、どんな人間ドラマを紡いでくれるか、、、原作者であることも忘れ、今からワクワクしながら放送を待ちわびています」と期待を寄せている。

 土曜ドラマ『逃亡医F』は、日本テレビ系にて2022年1月より毎週土曜22時放送。
 
 コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>
■成田凌
プライム帯の連続ドラマ初主演ということで、子どもの頃からテレビドラマを食い入るように見ていたので、こんなことがあるのかという驚きもありますし、今はとにかく嬉しい気持ちでいっぱいです。
僕の演じる藤木圭介は天才と呼ばれる外科医で、ある日突然恋人を殺したという濡れ衣を着せられてしまいます。
しかし、警察をはじめとした様々な追っ手から逃げながら、恋人の死の真相を明らかにしようとします。
そんな状況でも目の前に患者がいれば、その命を絶対に助けようとする男です。

素晴らしい脚本と、共演者の方と、スタッフのみなさんに恵まれて……あとは自分が頑張るだけですね。(笑)
今からクランクインが楽しみでしょうがないです。

追っ手から逃げながら、手術道具が不足している中、その場にあるもので工夫して手術をする、人を救うというシーンが毎話出てきます。
こんな意外なもので人を救うのか! という驚きと、捕まってしまうんじゃないかというハラハラドキドキを
毎週土曜日の夜に皆さんと一緒に感じられたらなと思います。
ぜひ、放送を楽しみにしていてください!

■ 藤村直人(プロデューサー)
「見たことのないドラマになる・・・・・!」原作と最初に出会った時の正直な印象です。
「極限状況の医療物語」、「手に汗握る逃亡アクション」、「毎話続きが気になる謎解きサスペンス」。それぞれのテーマだけで面白いドラマを作れる要素が集まっている原作を、王道ながら新しいエンターテインメントドラマにしたい! その想いで、脚本には日本テレビを代表するドラマとなった『あなたの番です』の福原充則さんを迎えました。福原さんが描く予測不能なストーリー、そして魅力に溢れ、愛さずにはいられないキャラクター達を大いに期待いただければと思います。
そして、主役には原作を読んだときからこの人しかいないと思っていた成田凌さん!
私が一番仕事をご一緒したいと思っていた底知れない才能を持つ俳優です。
ドラマ、映画でさまざまなキャラクターを演じてきた成田さんが、プライムタイム連ドラ初主演となるこの作品で、どのような演技を見せるのか!? 是非注目いただければと思います。

■伊月慶悟(原作者)
この「逃亡医F」というのは不思議な運命を持ったマンガ作品かもしれません。
ある雑誌から医療マンガの原作を依頼された私は、当時医者を主人公にした連載を3作ほど抱えていたため一度は断りました。
それからしばらく喫茶店で雑談のようなものが続き、「そろそろ帰ります」と言うタイミングを探っていたときに後ろのテーブルのお客さんが飼い犬の話をはじめました。どうもそのワンちゃんはうつ病(だったか自閉症だったか)で定期的に通院をしているようなのです。犬にもうつ病があるなんて大変だなア、いろんなお医者さんがいるんだなア、などと思いながらなんとなく帰るキッカケを失っているうちにいつのまにかまた作品の話になり、そして作画は「サトラレ」で有名な佐藤マコトさんと聞いて、気づいたら編集者と夢中になって船医がどうの、医者が旅をしてどうだの、と構想を練って出来上がったのがこの『逃亡医F』です。
あの時、どこかのセンシティブな犬がお医者にかかっていなければこの作品は生まれていなかったでしょう。
そんな経緯でこの世に誕生した作品ですが、今回日本テレビさんでテレビドラマ化の話が持ち上がったと聞き、正直驚きました。
なぜなら、いくら医療ドラマが当たっているから(?)といってこれは普通の医療ドラマとは違います。恋人殺しの濡れ衣を着せられた不運な医師が日本全国を逃げ回りながら出会った人々の身体と心を救う話なのですから。
「ロケを考えただけで制作費が、、、、きっと立ち消えになるに決まってる」
でもそんな心配は杞憂に終わりました。しかも主人公の藤木圭介(鳴海健介)を演じるのは私も大好きな成田凌さん。もうキャライメージにピッタリの役者さんです。
成田さん演じる主人公が日本中を逃げ回る中、どんな人間ドラマを紡いでくれるか、、、原作者であることも忘れ、今からワクワクしながら放送を待ちわびています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/17 4:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます