バツイチ同士、50代の恋愛。多感な年頃の娘…母の想いは届くのか【オトナ婚/第 10話(テイラ編)】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258120/ )

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第10回目は、52歳で結婚したテイラさんです。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

 

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

4話配信の3話目です。

 

 

東京で会社員として働くテイラさん(54歳)は、娘さんが1歳の時に離婚を経験。二人暮らしを18年間続けた元シングルマザーです。その後、結婚を約束した男の裏切りや、マッチングアプリの洗礼を経験します。そして…。

 

 

交際スタートは離婚成立の翌日!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258120/ )

本名や仕事…。数々の嘘に振り回されたマッチングアプリ婚活でしたが、9人目で出会った男性に誠実さを感じたというテイラさん。

 

旦那様もバツイチだと伺いました。

 

「はい。彼は私と出会った時、実はまだ婚姻状態が継続していたんです。ただ、前の奥さんと離婚することはもう決まっていて。あとは保証人である彼の妹さんにサインをもらって離婚届を出すだけという状態。そのことは早い段階から聞いていたので、私からは『離婚が成立するまでは付き合わない』と伝えていました。

 

そして彼と初めて会った翌月に無事離婚が成立して、離婚届を出した翌日から晴れてお付き合いとすることになりました」

 

なるほど。包み隠さずすべてを打ち明けての交際スタートだったのですね。

 

交際開始、年頃の娘さんの反応は…

お二人とも同い年なんですよね。旦那様には子供がいなかったそうですが、テイラさんの娘さんはどのような反応でしたか? 反対などはされませんでしたか?

 

「娘は小さい時から、『ママにいい人ができたら結婚していいよ』と言っていました。ところが、いざ私に彼氏ができて一緒に住もうかという話になった時、少なからず反発はありましたね。その時娘は大学生になったばかりだったので、本人は『3人で住むんだったら、私は一人暮らしをする』と言ってきました」

 

年頃ですもんね。娘さんの気持ちもわかります。それでも、テイラさんは3人で住むことを望んだんですよね。

 

「はい。いずれ娘は就職などをして家から出ていくと思います。それでも少しの期間でもいいから3人で一緒に住んで、『家族』ということを感じて欲しかったんです。

 

じゃないと例えば、娘が結婚した時、両親席に私と彼が座りますよね。一緒に住んだこともない人を『父親』だとは思えないじゃないですか。本当の父親にはなれないけれど、それでもできるだけ関係は築いて欲しかったんですよね。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258120/ )

そして一緒に住み始めた今は、つかず離れずのいい感じでやってますよ(笑)。娘もパソコンなどで困ったことがあるときは彼に聞いたりしますし、二人で買い物に行ってくれることもあります」

 

同じものを「おいしい」と思う。フィーリングは大事

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258120/ )

テイラさんと旦那様は同居をしてから入籍されたんですよね。

 

「そうです。彼と付き合い初めて程なくしてコロナ禍になって。そこから話が展開していきました」

 

人との関わり方にも影響を及ぼしたと言われるコロナ禍。テイラさんにとっては人生を変える局面になったようです。

 

関連リンク

  • 11/17 13:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます