いたずら好きの犬が飼い主の下着を丸飲み 動物病院で無事に吐き出す(英)

拡大画像を見る

英タインアンドウィア州サンダーランドに暮らすヘレン・モーガンさん(Helen Morgan、45)とパートナーのデヴィッド・フェリーさん(David Ferry、47)は、3歳のコッカープー(アメリカン・コッカー・スパニエルとトイプードルのミックス犬)“チャーリー・ベア(Charlie Bear、以下チャーリー)”を飼っている。

いたずら好きのチャーリーは洗濯カゴの中にあったヘレンさんの下着を飲み込んでしまい、病院で治療を受けることになったという。

ヘレンさんはその時のことをこう振り返っている。

「チャーリーは本当にやんちゃで、洗濯カゴから私の下着をつまみ出したんです。それは黒い綿のTバックで、チャーリーが口にくわえたまま走っていったので追いかけましたが、それが間違いでした。デヴィッドが口から取り出そうとしてもチャーリーは離さずに丸飲みしてしまったのです。私はチャーリーがそれをくわえた時に『また病院に行くことになるんだろうな』と思いました。というのも前に靴下を飲み込んでしまったことがあったから。私はすぐに動物病院に電話して愛犬が下着を飲み込んだことを伝えました。」

「チャーリーはTバックを飲み込む時は苦しそうにしていましたが、喉元を通った後は息苦しそうにすることもなく問題がないようでした。病院に着いて駐車場で待っていると、獣医が出てきてチャーリーを連れて行きましたが、何時に飲み込んだのか、どんな下着だったかなど聞かれて。ちょっと嫌だったけど、『大きな腹巻とかじゃなくて良かった』と言われました。」

その後チャーリーは嘔吐を誘発する注射を打ち、Tバックを取り出すことになったという。

「注射をするとチャーリーはすぐにそれを吐き出しました。デヴィッドは冗談で『下着を返してください』と看護師に伝えましたが、私はすぐに『いえ、捨ててください』と言ったんです。その帰り道、チャーリーは無気力でとても静かにしていましたよ。」

そのように明かすヘレンさんは、さらにこう続けた。

「今となっては笑い話ですが、その時はちょっとショックでした。チャーリーは常に靴や靴下を狙っているので、今では高いところに置いてあります。床に落ちているものはチャーリーのものになりますから。」

なお今回の治療費は250ポンド(約38000円)かかったといい、そのうち150ポンド(約23000円)は時間外料金だったそうだ。

画像は『Metro 2021年11月11日付「Couple spend £250 treating their cockapoo who swallowed a thong」(Picture: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 11/17 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます