「DDTをサウナにしたいんです」次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、いま多くの企業内にサウナ部が設立されているという話もあるが、その波はプロレス界にも及んでいる。

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキャラクターの強さが人気の「DDTプロレスリング」内で、DDTサウナ部が本格始動したのは2020年11月。竹下幸之介、勝俣瞬馬、上野勇希、MAOという、団体の未来を背負って立つ人気の次世代レスラー4人が集まり『The 37 KAMIINA(サウナカミーナ)』という正式なユニットとして、リング上で熱い抗争を繰り広げるようにまでなっている。

 プロレス界で大きな躍進を遂げる彼らが、試合さながらのチームワークでプロレスとサウナの魅力を語り尽くす新連載がここに始まる――。

――前回のインタビュー記事の大反響を受けて、このたび日刊サイゾーでThe 37 KAMIINAさんの連載をスタートさせていただくことになりました!

一同 イエーイ!!

上野勇希(以下、上野) あの記事が出たあと、いろんなところでサウナの取材をしてもらいましたからね。

竹下幸之介(以下、竹下) この連載も軌道に乗せて、最終的にはみんなでフィンランドに行きましょう!

――よろしくお願いします! ということで、改めて自己紹介からお願いできますでしょうか?

勝俣瞬馬(以下、勝俣) はい、DDTプロレスThe 37 KAMIINA(サウナカミーナ)の営業兼、広報兼、熱波師兼、SeaSaunaShack総支配人兼、デスマッチメイクアップアーティストの勝俣瞬馬です。よろしくお願いします。

――肩書が多い! DDTサウナ部の発起人も勝俣さんなんですか?

竹下 いや、きっかけは私ですね。

勝俣 2019年の夏にDDTの熊本大会があったんですけど、そのときに竹下さんが「西の聖地と言われてるスーパー銭湯があるんだけど、一緒に行かない?」と誘ってくれて。それで竹下、上野、勝俣の3人で「湯らっくす」(URL:https://www.yulax.info)に行ったことが始まりです。

上野 ただ、僕は「試合の後に行くほどのことか?」ぐらいの低めなテンションだったから、一度断ってるんですよね。

勝俣 僕はサウナが健康にいいことは知ってたし、たまに行くこともあったから「久々に行こうかな」くらいの感覚だった。そうしたら、そこで初めてアウフグース、ロウリュウ、セルフロウリュウを体験して、一気にハマってしまいました。

竹下 その体験が素晴らしすぎたから、これはサウナ部にしようってことになって、Twitterに「#DDTサウナ部」のハッシュタグを作ったんだよね。それからMAOが入ってきて、いまに至る感じです。ただ、実は僕の中では、もともと友達だったこのメンバーでプロレスのチームをやりたい考えがあったんですよ。当時はそれぞれ別々だったので、うす~く伏線を張っておけば、いつか実現するんじゃないかという思惑がありました。

――じゃあ、いまの状況はまさに、狙い通りなわけですね。

竹下 そうですね。「#DDTサウナ部」が話題になり出したので、会社もDDTサウナ部で試合を組んでくれるようになって、いまはThe 37 KAMIINAという正式なチームとしてやれるようになった。

MAO タイミングもよかったんだよね。自分もタッグを組んでいた外国人選手が、コロナで来日できなくなって独り身の状態だったし、勝俣さんと竹下さんのユニットもちょうど解散したくらいだったから。

勝俣 チーム名も、みんなでああだこうだ言いながら考えたんだよね。KAMIINAはフィンランド語で「ストーブ」なので、The 37 KAMIINAはサウナストーブという意味なんです。

竹下 サウナって言葉を一切入れない案もあったけど、入れた方がサウナの仕事がくるんじゃないかってね(笑)。

MAO サウナを37って数字にしたのは「売れてるバンド、数字が入ってる説」(笑)。SUM41とかblink-182みたいなイメージで。

竹下 そして、頭に読まない「The」。

――「The Rolling Stones」的なやつですね。じゃあ、皆さんで話し合ってチーム名はすんなり決まった感じなんですか?

勝俣 いや~、かなり迷ったよね。覚えてないけど候補がたくさんあった。でも「KAMIINA」に関しては俺が持ってきたヤツだから。それは自信ある!

竹下 そこ、誰も疑ってないから(笑)。

上野 もともとあった「DDTサウナ部」が、結構しっくりきてたんだよね。ロゴもグッズもあったし、別にこのままでいいんじゃないかって意見もあったけど、「DDTをサウナにする」という勝俣さんの渇望もあって、The 37 KAMIINAに落ち着きました。

――「DDTをサウナにする」とは、どういうことですか?

勝俣 つまり、DDTそのものがサウナなんですよ!僕たち選手が熱い試合をするストーブ(KAMIINA)で、それを見ているお客さんの応援で熱気が広がっていくさまがロウリュ。そして、最後に僕たちの寒いマイクパフォーマンスで冷えて、外気浴という帰路につきながら、ととのってもらうんです。

竹下 正しくは「僕たちのマイクパフォーマンス」ではなく「“僕(勝俣)の”マイクパフォーマンス」だけどね。

MAO (勝俣の肩書に)“水風呂担当”ってのも入れてもらおう(笑)。

勝俣 俺、最近は結構いいマイクパフォーマンスしてると思うんだけどな……。

MAO まあ、冗談のような見立てではあるんですけど、プロセスとしてはちゃんと成立してるんですよ。なかなか理解はされにくいですけど。

勝俣 僕がサウナに出会って人生が変わったように、DDTを観にきて人生変わる人もいっぱいいると思うんです。僕たちを見て、元気をもらったとか、一歩踏み出せましたというふうになってもらいたいんですよね。

――思いのほかちゃんとしたいいお話でした(笑)。ちなみに勝俣さんが水風呂担当とすると、竹下さんは何担当ですか?

竹下 一応、プロレスを担当させてもらってます(笑)。僕らは若者が集まってるということで、ナメられることもなくはないんですよ。ちょっとチャラいみたいな感じで。だから、その辺はプロレスのキャリアが一番ある僕が試合でビシッとシメて、ナメられないようにしています。

勝俣 スーパー銭湯でいうボイラー室ですね。この核がなければ、お風呂もサウナストーブも水風呂のチラーも動きません。

――上野さんはいかがですか?

上野 自称・フレッシュ担当です。

竹下 基本的にツッコミなんだよね。

MAO だから設備でいうとシャワーかな。メリハリをつけてくれる。

勝俣 お風呂の前でもいいし、水風呂前のかけ湯にもなる。The 37 KAMIINAの仕切り担当っすね。

竹下 僕らはいつもこんな感じでワイワイしちゃうから、収拾がつかないんですよ。トークイベントをやるときは、いつも上野がMCをしています。

上野 なんでも、洗い流しますよ(笑)。

竹下 ただ、自分では仕切れてると思ってるようだけど、結構アホなんですよ。さっきも、いま穿いてるチノパンどこで買ったのか聞かれて……。

上野 その話やめて!

勝俣 「レビー、レビー…なんて読むんだっけ……ああ、リーバイスだ」って(笑)。みんなから突っ込まれまくってました。

上野 そうやって、フレッシュな新鮮味を与えているんですよ。

MAO それでいうと、僕の担当は炭酸風呂みたいな感じですかね。

竹下 炭酸風呂(笑)。たしかに、ちょっと癒しの感じだ。

MAO あそこで、ダラダラしちゃうからね。

勝俣 サウナのシメに、炭酸風呂でゆっくりするパターンが結構あるんですよ。ず~っと入れちゃうんで。

MAO 本当にそんな感じ。僕は普段からも脳みそ止めて生きてるんで、いまも喋りながら何も考えてなかったりします(笑)。

竹下 あとは、The 37 KAMIINAの美術担当でもある。グッズ関係のデザインとかをやってもらってるんで。

MAO 先日も、富士通スタジアム川崎でやった試合に合わせて、背番号37のTシャツを作ったんですけど、バカ売れしましたから。

勝俣 いや、ほんとにヒットメーカーですよ。

MAO いいサウナ施設に、いいサウナグッズありですから。そこはこだわってますね。

 まだまだ盛り上がるThe 37 KAMIINAのサウナトークも前編はここまで! 後編では4人の関係性をさらに深掘りしていきます。乞うご期待!
(インタビュー/森野広明 写真/三浦太輔)

 

「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」
11/21(日) 開場10:30 開始11:30
東京・後楽園ホール
詳しくはオフィシャルサイトへ
https://www.ddtpro.com

会場に来られない方はWRESTLE UNIVERSで!
今なら年内月額費なんと0円‼️
※2022年1月分月額費のお支払いが条件となります)
詳しくはこちら
https://www.wrestle-universe.com/lives/gyXp2SGE8ocFsUTEuKjDd7

  • 11/17 18:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます