歌うま女子高生シンガー・上田桃夏の夢に、きゃりーが後押し「それぐらい大きい思いでやることは大事!」

きゃりーぱみゅぱみゅがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~」。この番組では、きゃりーが自身の趣味や興味のあることについて語ったり、いま輝いているゲストをお迎えしたりしながら、さまざまなエピソードを1冊の本に見立て、紐解いていきます。11月7日(日)の放送では、歌うま女子高生シンガーの上田桃夏さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)上田桃夏さん、パーソナリティのきゃりーぱみゅぱみゅ



★今後の目標は、ズバリ「ビッグな歌手になること」

上田さんは、愛知県在住の高校2年生。本気でプロを目指す、歌うま中高生リアリティーオーディション番組「歌カツ! ~歌うま中高生応援プロジェクト~(以下、歌カツ!)」(テレビ朝日系)で見事優勝。公式YouTubeのチャンネル登録者数は、12.3万人超(※番組放送時)で、歌ってみた動画や歌配信でも注目されています。

もともとシャイな性格で、人前で歌うなんて考えられないタイプだったという上田さん。小学5年生のときに友達と一緒にカラオケに行ったときに、歌うことの楽しさに気づいたのをきっかけに「カラオケが大好きになった」と振り返ります。

それからというものカラオケにどハマりし、小学6年生からボーカルスクールに通い始めました。カラオケでよく歌う曲については、ジャンルにとらわれず流行りの曲を中心に、「自分は『バラードが似合う』とよく言っていただくので、バラード曲の練習をしたり、Aimer(エメ)さんの曲を歌わせていただいたりしています」と笑顔をのぞかせます。

上田さんは、中学2年生からYouTubeで歌の生配信を続けており、中学3年生のときに、彼女の歌声を聴いた『音楽チャンプ』(テレビ朝日系)の関係者から声がかかり、番組出演を果たします。

そして、「歌カツ!」の決勝戦は「すごく緊張しました。リハーサルのときから震えていて、“どうしよう……”って泣き出しそうなぐらいでした」と苦笑い。しかし、本番ではきっちりと歌い切り、優勝を手にしただけに「本番に強いのかも」とはにかみます。


上田桃夏さん



そんな上田さんの目標は、ズバリ「ビッグな歌手になること」。それを聞いたきゃりーが「それぐらい大きい思いでやることは大事!」と背中を押すと、上田さんは「日本武道館のステージや、ドラマの主題歌に起用されるのを想像するだけでワクワクする」と胸を躍らせ、「応援してくださる方がワクワクするようなことを目指したい」と力強く語ります

そして、憧れのアーティストに安室奈美恵さんや西野カナさんの名を挙げ、「カラオケでみなさんに気軽に歌っていただいたり、聴きたいと思っていただけたりするような曲をこれからもたくさん作っていきたい」と意欲をのぞかせます。

最後に、「新たな一歩を踏み出すときに大切にしていること」を問われると、上田さんは「初心を忘れないこと」とキッパリ。「感動したことや感じたことを忘れずに頑張ろうと思っています」と思いを語りました。

次回11月21日(日)の放送は、関ジャニ∞の丸山隆平さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:CHINTAI presents きゃりーぱみゅぱみゅ Chapter #0 ~Touch Your Heart~
放送日時:毎週日曜 12:30~12:55
パーソナリティ:きゃりーぱみゅぱみゅ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/heart/

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/17 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます