村方乃々佳ちゃん、禰豆子コスプレで「炎」熱唱に反響「かわいすぎる」「難しい歌なのに上手」<ベストアーティスト2021>

【モデルプレス=2021/11/17】“3歳の歌姫”とネット上で話題の、ののかちゃんこと村方乃々佳が17日、嵐・櫻井翔が総合司会を務める日本テレビ系年末の音楽の祭典『ベストアーティスト2021』(よる7時~4時間生放送)に生出演した。

「いぬのおまわりさん」を歌う愛らしい姿がSNS・動画サイトを中心に大きな話題となった乃々佳ちゃんが、『ベストアーティスト』に初登場。アニメ「鬼滅の刃」シリーズのヒロイン、竈門禰豆子のコスプレ姿を披露した。

櫻井から「かわいい衣装ですね!」と褒められると、「ありがとう~!」とにっこり。歌唱したのは劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のテーマ曲となったLiSAの「炎」。

詩的な歌詞が特徴の同曲だが、スタンドマイクの前に立ち堂々と熱唱する乃々佳ちゃんの姿に、ネット上では驚きの声が。「禰豆子かわいすぎる」「3歳でまさかの炎を歌うとは!」「難しい歌なのに3歳とは思えないほど上手~!」「歌詞覚えるだけで難しいのに堂々としててすごい…!」など反響が殺到し、「ののかちゃん」がTwitterでトレンド入りするなど注目を浴びた。

◆櫻井翔総合司会「ベストアーティスト2021」

「ベストアーティスト」は、歌と共に一年を振り返り、『その年の日本』を描く音楽番組。総合司会は、13回連続となる櫻井。

2001年から放送開始し、20周年のメモリアルイヤーを迎えた今年は、全36組のアーティストが4時間生放送でパフォーマンスを届ける。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/17 19:37
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます