「Mimamor」シリーズからサステナブルなハンドクリーム“森の香り”が登場!


ソトーが展開する、清潔で快適なライフスタイルを提案するMimamor(ミマモ)シリーズから「Mimamor ハンドクリーム」が11月1日(月)より同シリーズのオンラインストアにて発売中だ。

約90%が美容成分のハンドクリーム

ヒノキやスギの間伐、枝打ちで生まれる未利用資源を活用した商品作りをしているMimamor(ミマモ)シリーズは、これまでスプレータイプの「Mimamor 除菌・消臭ミスト」と加湿器のタンクへ添加する「Mimamor 加湿器用アロマウォーター」を販売している。


そんなシリーズ第3弾として発売中の「Mimamor ハンドクリーム」は、原材料から製造に至るまですべて国内で管理された、Made in Japan商品。成分としては約90%が美容成分でできており、乾燥や老化から肌を守る効果が期待できる。濃厚なテクスチャーにもかかわらず付け心地はサラッとしており、べたつきもないのが特徴だ。

珍しいヒノキやスギの香り

香りは、同シリーズで好評を集めている「森の香り」を踏襲。ハンドクリームでは珍しいヒノキやスギのリフレッシュできる香りとなっている。



同商品は伸びが良いため、少量でも手全体に広がる。

なお、原料の一つであるフィトンチッドは、飛騨高山や加子母などの東濃エリアで育ったヒノキやスギの間伐材から抽出した成分。抽出では自然に負荷をかけないよう有機溶媒を使用せず、水だけで行っている。

サステナブルなハンドクリーム「Mimamor ハンドクリーム」をこの機会に使ってみては。

画像をもっと見る

  • 11/17 19:58
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます