“追いバトン”のリピーター続々『そして、バトンは渡された』クランクアップ写真入手

拡大画像を見る

先日発表された報知映画賞にて、監督賞(前田哲)、主演女優賞(永野芽郁)、助演男優賞(田中圭)、新人賞(岡田健史)がノミネートされ、公開3週目にして前週・前々週の興行収入を上回る劇場も出ている映画『そして、バトンは渡された』。そんな本作の大ヒットを記念して、キャストたちのクランクアップ写真が到着した。




全ての秘密を知った後、もう一度初めから観返すことで気づく新たな発見や、細かな伏線を楽しみながら何度も涙を流す“追いバトン”というキーワードが広がり、「8本目の追いバトン」「9走目行ってきます」といったリピーターも続出。「何回見ても泣けるし心が温かくなる」という口コミが公開後に広がっている本作。

公開3週目の週末土日2日間(11月13~14日)の興行収入では、全体の約24%の劇場で前週・前々週の興行収入を上回り、なかには178%アップした劇場も。土日2日間の動員ランキングは先週の4位から3位にアップして実写邦画NO.1に返り咲き、大ヒットの勢いはまだまだ止まらない。

そんな中、解禁された写真には、クランクアップを迎えた永野芽郁&岡田健史のツーショットや、田中圭のクランクアップを祝う永野さん&岡田さんの姿も。

そして、石原さとみ、大森南朋、市村正親、稲垣来泉ら主要キャストたちの笑顔が切り取られている。

完成作を観た永野さんは「脚本やいただいていた映像とはまた違う、自分では全然想像していなかった場面でこんなに感動するんだ!と思って。想像を超えたところで違う感動を与えられた気がするし、自分が出ている作品でこんなに感動できるんだっていうのは改めて思いました」とコメントしており、演じた本人たちも本作に込められた温かい愛を嚙み締めていた様子。

なお、週刊文庫ランキング(11月9日トーハン調べ)では本作の原作本が1位を獲得。第46回報知映画賞において4部門でノミネートされるなど、ますます注目度は増している。

『そして、バトンは渡された』は全国にて公開中。



(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
そして、バトンは渡された 2021年10月29日より全国にて公開
©2021 映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

関連リンク

  • 11/17 19:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます