スタバ、持ち帰りを貸出カップで提供 11月下旬から実証実験を開始

拡大画像を見る

 スターバックス コーヒー ジャパンは11月22日から、繰り返し使える耐久性のある貸出カップでドリンクを提供する。ユーザーが店舗に返却すると、パートナー企業が洗浄し、店舗で再利用する循環型プログラムの実証実験。第一弾は東京・丸の内エリアのスターバックス10店舗で実施する。

 同プログラムは、廃棄物削減と再利用を促すための取り組み。持ち帰り時に発生する使い捨てカップの削減を図るとともに、繰り返し利用することで使い捨てカップ提供時よりも、CO2排出量が少なくなる仕組みを実現する。トライアル期間は2022年5月31日の予定としている。
 利用するカップには、すべてのドリンクに対応可能な保温・保冷性を備えたステンレス製カップを採用。高度な洗浄技術を持つプロフェッショナルなパートナー企業を選定し、カップを洗浄する。
 利用方法は次の通り。まず、「Re&Go」のLINEアカウントを友だち登録し、「お店を探す」で店舗を検索。同店舗でのドリンク注文時にバリスタに本サービスを利用したい旨を伝え、Re&Go LINEアカウントの「容器を借りる」をタップして、専用カップに付属されたコードを読み取る。ドリンクを受け取り、オフィスや公園など好きな場所に持ち運びドリンクを飲んだら、再び店舗に戻る。返却時は、Re&Go LINEアカウントの「容器を返却」をタップして、店頭のコードを読み取り、カウンターにカップを返却する。
 実施店舗は、丸の内ビル店/グランスタ丸の内店/KITTE丸の内店/丸の内オアゾ店/丸の内新東京ビル店/丸の内三菱ビル店/大手町プレイス店/大手町東京サンケイビル店/新大手町ビル店/皇居外苑 和田倉噴水公園店(2021年12月1日オープン予定)。

関連リンク

  • 11/17 18:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます