HKT48 村重杏奈、切ない元カレ話を告白! 『ニューヨーク恋愛市場』出演

HKT48の村重杏奈が、11月16日(火)23:00より放送された恋愛バラエティ番組『ニューヨーク恋愛市場』(ABEMA)#7にスタジオゲストとして出演した。

番組冒頭、ゲストの恋愛プロフィールを紹介するコーナーでは、現在23歳の村重が過去に1人だけ男性と付き合ったことがあることを明かし、ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政が早くも大興奮。

村重は、小学3年生の頃から想いを寄せていた同級生と中学1年生の時に付き合うことになったものの、“付き合って3ヵ月で(HKT48の)オーディションを受けたので本当に3ヵ月間しか付き合ってなくて。手も繋いだことないんです”と告白。

嶋佐から“じゃあ、村重さんから別れを切り出したの?”と問われ、“そうです”と頷いた村重は“(オーディションの)最終審査に受かったタイミングで、大人の方から「もし今お付き合いしてる方がいたら今すぐ別れを告げてください」って言われました”と打ち明け、嶋佐は“そんなちゃんと言われるんだ!?”、屋敷も“いかつい話やな”と驚愕した。

さらに、その彼とはろくに話もできないままHKT48の活動拠点である福岡へと引っ越してしまったと続けた村重。その後の彼の状況についてはまったくわからなかったものの、つい最近その彼のSNSを見つけたと語り、“結婚してました”“しかも子どもも2人いて……”と報告。“しょんぼり”と心境を吐露した村重のエピソードに、屋敷は“エモすぎるんやけど!”と絶叫した。

番組では、お笑いコンビ・男性ブランコも登場し、出されたお題に対して“笑い”ではなく、いかに“女子をキュンとさせる回答”を出すことができるかで競う、大喜利企画「女子のハートを射ぬけ!キュン喜利王」を実施。

審査員は、ゲストの村重と番組進行役のABEMAアナウンサー・西澤由夏、4名の一般女性が務め、キュンとした回答にのみ“キュンです”の札を挙げて判定。嶋佐、屋敷、男性ブランコの浦井のりひろと、平井まさあきの4名が、女子をキュンとさせるべく大喜利対決をくり広げた。

中でも、“女性視聴者を虜にする特撮ヒーロードラマ『恋愛戦隊キュンレンジャー』主人公キュンレッドの必殺技とは?”とのお題で、平井が出した回答では、審査員全員が“キュンです”と判定し、村重も“こういうこと!”“大、大正解です!”と絶賛。そこで、この平井の大正解をヒントに、ほかの挑戦者たちも“そういうことね!”“考え方はわかった!”と、“キュン”を狙いにいくが、ニューヨークの2人はなかなか女性陣の賛同を得られず大苦戦。自称“吉本が誇る「恋するメガネ」”の平井が独走状態となる中、相方の浦井も少しずつポイントを稼いでいくが、果たして、最も女子をキュンとさせた芸人は誰になったのか?

また、大喜利対決の合間では、村重が“LINEを3秒で返すとかも嬉しいですよね”と自身のキュンポイントを明かす場面も。“もし彼氏ができたら絶対にLINEはポンポンポポンポンポポンポンがいいです”と、テンポのよいやりとりが理想だと語り、そんな村重の表現に、屋敷は“アクセルホッパー?”とツッコミを入れた。

番組後半では、1人寂しくクリスマスを過ごしたくない芸人が、本気で彼女を作るまでを追いかける恋愛応援企画「本気で彼女を作ろうプロジェクト」が始動。同企画では、今まで女性と付き合ったことがないというお笑いコンビ・カカロニの栗谷悟史と、交際人数2人、恋愛経験値は“中1レベル”と語るお笑いコンビ・やさしいズの佐伯元輝の“彼女ができるまで”に迫る。

企画第1弾となる今回は、マッチングアプリのプロフィール添削専門家として活動するマッチングアプリのスペシャリスト・おとうふを講師に招き、プロフィール講座を開催。栗谷と佐伯がそれぞれ作成したプロフィール文を見ながら、専門家がその場で添削していく。“非モテ”男子がやりがちなNG発言連発と、ツッコミどころ満載な内容に、村重も“地雷な気がする”とドン引き。専門家からもダメ出しが続出した同放送の模様は、放送後7日間、無料で見逃し視聴が可能だ。

また、ABEMAのプレミアムプラン『ABEMAプレミアム』では、さらにディープな恋愛事情を掘り下げる企画「恋愛“ヤミ”市場」も公開中。

関連リンク

『ニューヨーク恋愛市場』#7見逃し配信ページ「恋愛“ヤミ”市場」ページ

関連リンク

  • 11/17 17:13
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます