かまいたちは、すんごいナチュラル。黒柳徹子の“規定演技”もサラリとこなす絶妙さ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(11月7~13日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

ダイアン・津田「(かまいたちと上京時期が同じことも)もう言いたくないんですよ」

 先週のテレビは、“かまいたちウィーク”だったといっても過言ではない。いや、過言かもしれないけれど、そう言いたい気分ではある。

 改めて確認するまでもなく、濱家隆一と山内健司からなるお笑いコンビ、かまいたち。2019年のM-1での準優勝を契機とし、その後、東京での番組出演が大幅に増えた印象があるけれど、現在はテレビやラジオ、ウェブ配信でレギュラー番組を16本も抱えているらしい。そんな彼らを見る機会はすでに多いわけだけれど、先週はそれにしても、という印象だ。

 11日は『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演、同日に『アメトーーク!』(同前)で「かまいたちビックリ芸人」と題したかまいたちを深堀りする企画が放送された。この日はゴールデンタイムに『ウラ撮れちゃいました』(同前)、深夜帯に『かまいガチ』(同前)が放送されていた。すべてテレビ朝日の番組だから、テレ朝が“かまいたちデイ”だったといっても過言ではない。これはさすがに過言ではないと思う。

 かまいたちを特集した『アメトーーク!』は、ひな壇に橋本直(銀シャリ)、津田篤宏(ダイアン)、盛山晋太郎(見取り図)、リリー(同前)、田崎佑一(藤崎マーケット)、トキ(同前)が、MCの蛍原徹の横には田中卓志(アンガールズ)が座って行われた。かまいたちより先輩で、彼らと同時期に上京したにもかかわらず“くすぶり”がネタにされるダイアン・津田が、2人の売れっ子ぶりを引き立てるように嘆く。

「(上京時期が同じことも)もう言いたくないんですよ。もっと後から来たことにしたいなっていうぐらいの」

 番組では、かまいたちの現在の仕事量、結成のいきさつ、大阪時代の様子、同期が頼りにする濱家の記憶力、山内のシフトチェンジ、濱家の相方思いの一面などなど、2人の「スゴさ」がひな壇のメンバーから紹介されていった。

 かまいたちについてはすでにさまざまな番組で語られているし(最近でも、かまいたちと同じ大阪NSC26期生の藤崎マーケットやバイク川崎バイクらがゲスト出演していた4日の朝日放送『やすとものいたって真剣です』で、かまいたちの結成のいきさつなどが語られていた)、彼ら自身が番組で過去のエピソードをよく語ったりする。そのため、聞いたことがある話も多かったのだけれど、山内の母親のエピソードは何度聞いてもちょっと驚く。

 山内の母親はとても合理的らしい。そのため、息子の結婚式で「両親へ」と受け取った花束を、席に着くなり「これいらないんで捨てといてください」とホテルの人に頼んだりするらしい。また、山内に子どもが生まれたとき、島根から5時間ぐらいかけて車でうちに来て、息子をひと抱きして、すぐに帰ったという。母親的には「迷惑になるから」らしい。

 なお、この話、『徹子の部屋』でもしていた。同番組では、妻子と里帰りしたときも、家に泊めてくれないため、山内らは近くのホテルに宿泊したというエピソードも披露された。

 同日の『かまいガチ』でも、そんな山内の母親の話題が。この日は、山内とゲストが母親に「実家を感じるモノ」を送ってもらう企画が放送されていた。そのワンコーナーで、母親に息子のデート服を購入して送ってもらう、というのがあった。そこで山内の母親が送ってきたのは、すべての丈が長すぎるオーバーサイズの服。山内が真相を語った。

「僕が昔買って、着なくなって実家に送った服を、全部送り返してる。うちのオカンは買いに行ってない」

 服と一緒に送られてきた母親のコメントによると「デート服は穴が空いてなければ大丈夫です」とのこと。なるほど、すべてが合理的。そんな母親を語るときの山内のスタンスも、必要以上に面白おかしく語るわけでもなく、必要以上に母親の“奇妙さ”を強調するわけでもない、絶妙な、おそらく今日的でもあるバランス。『徹子の部屋』『アメトーーク!』『かまいガチ』と連なる、テレ朝かまいたちデイの締めにふさわしい母親エピソードのリンクだった。

 11日の『徹子の部屋』は、いつものようにテーマソングが流れるなか、黒柳徹子によるかまいたちの紹介で始まった。

「さて今日のお客様は、大変売れっ子のお笑いコンビ、かまいたちのお二方です。東京に進出して3年。テレビで見ない日はないという売れっ子。大変な人気者です。お二人とも一児のパパで親になって改めてご両親に感謝してらっしゃるそうですが、なにしろルックスの大変いいお二人でいらっしゃいます」

 濱家はともかく山内のほうのルックスが褒められるのはめずらしい。『アメトーーク!』では、かまいたちと見取り図のイベントで1000人の観客に4人のうちで恋人・結婚相手にしたいのは誰かアンケートをとったところ、山内は6票だったとネタにされていた。ただ、2人とも肌がキレイ。ネタやトークの面白さはもちろんのこと、そんなビジュアルが彼らのテレビでの人気を支えているのだろうと個人的には感じている。

 さて、黒柳はお笑いコンビをゲストに迎えると、必ずどちらがボケで、どちらがツッコミなのかを視聴者に説明する。ボケの山内は島根県出身、国立大を卒業し教員免許を持つ優等生。ツッコミの濱家は大阪出身、子どものころから人を笑わせるお調子者。そんな紹介ののち、黒柳は彼らの”戦歴”を語り始めた。そして――

「お二方とも大実力派のコンビということで。『キングオブコント』で優勝なさいましたし、『M-1グランプリ』でも準優勝なさいました。ここまでこういうふうに言って、何かちょっとおもしろいことやっていただけます? って言ったら、もうすぐおできになります?」

 特に『アメトーーク!』でイジられ始めて以降、芸人に対する黒柳の“ムチャブリ”は番組恒例になってきた。今回もまた、いつもの流れだ。が、いつもにも増してゲスト紹介から“ムチャブリ”までの流れが急旋回だ。「……あ、いまですか?」などと少しびっくりする様子を見せる2人。おそらく、何かしらの準備はしてきたのだろう。山内が先陣を切った。

「僕、面白い顔ができるんで、ちょっと見ていただいていいですか?」

 そう言って、手を使って変顔をするも手が邪魔でその顔が見えない、というやつをやる山内。濱家が「せっかくおもろいのに手、邪魔で顔見えへんな」とツッコミを入れる。沈黙の徹子。続けて、濱家も手を使った変顔。これにも沈黙の徹子。両者のやり取りは、次のような徹子側からのシャットアウトで終わりを迎えた。

濱家「ちょっとオープニングからやり直してもいいですか?」
黒柳「結構です」

 見事な”ムチャブリ”からの一連の流れが決まった。もはや規定演技の趣すらある。

 この“ムチャブリ”に対しては、しばしば芸人側が身構えるような素振りを見せることがある。ただ、「芸人がウケようと頑張ってるのにスベる」を一種の“お約束”としてやってしまうことそれ自体が、もうずいぶん前からスベっているように思う。そんななか、自分たちの本芸でもなんでもない変顔のようなものをサラッと披露したかまいたちは、なんだか絶妙に感じた。

 規定演技はクリアしているし。変顔のようで変顔ではない、なんだか文字で表現しにくいやつなので、変に話題にもならないし。ここで披露したギャグが徹子のお気に入りになると何度も振られたりするのだけれど、それもないので親孝行や家族に関するトークも厚めにできたし。それらのトークを通じて、徹子の“ムチャブリ”を期待し瞬間的に消費するような層(もちろん私も含む)とは別の層に、自分たちのパーソナリティがノイズなく紹介できたし。

 そういえば、『アメトーーク!』でアンガールズ・田中がこんなことを言っていた。

「関西から出てきた人って、つまずくっていうじゃないですか。俺が見てて思うのは、だいたい手土産で、コンビ内の変なやりとりやるんですよ。あれがだいたいズルスベりして、自分でピンチになっていくんですよ。ただ、かまいたちの場合は、それをやるんだけど、すんごいナチュラルなの。そのあと誰でも入ってこれるようなナチュラルな感じでやる、初めての関西の芸人で。こんなやついるんだって」

 なるほど、すんごいナチュラル。彼らをテレビで見る日々はこれからも続きそうだ。

  • 11/17 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます