「ローストビーフ大野 秋葉原店」で5.5kgのメガ盛り「メガロビンバ」販売開始

拡大画像を見る

 ファイブグループの関連会社であるB級グルメ研究所が運営する飲食店「ローストビーフ大野 秋葉原店」は、総重量およそ5.5kgのメガ盛りローストビーフビビンバ「メガロビンバ」の提供を開始した。45分の制限時間内に完食した人には、証明書と記念品をプレゼントする。

 メガロビンバには、ローストビーフ大野で通常の「ローストビーフ丼」に使用しているのと全く同じ、厳選された素材のローストビーフを使用している。7時間以上じっくりと加熱して仕上げた柔らかな口当たりと、濃い旨味が特徴。1枚1枚丁寧にスライスしたローストビーフを、たっぷりの野菜と一緒に盛り付けている。
 メガロビンバの中身は、ごはん2.5kg、キムチ500g、もやしナムル550g、ほうれん草ナムル550g、にんじんんナムル500g、ローストビーフ700g、卵黄150g(10個)で、総重量は約5.5kg。
 45分の制限時間内にメガロビンバを完食した人には、証明書と記念品をプレゼントする。1人はもちろん、3人までのグループでチャレンジすることも可能。クリスマスや記念日といった特別な日の食事にも活用できる。
 価格は9000円。なお、ローストビーフは注文を受けてからスライスするため、来店の30分前までに電話予約が必要となる。

関連リンク

  • 11/17 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます