岩手、MF清水敦貴の育成型期限付き移籍契約期間満了を発表…今季は東北1部の弘前でプレー

拡大画像を見る

 いわてグルージャ盛岡は17日、ブランデュー弘前FC(東北社会人サッカーリーグ1部)に育成型期限付き移籍していたMF清水敦貴が、期限付き移籍契約期間満了となったことをクラブ公式サイトで発表した。

 現在21歳の清水は、グルージャ盛岡(現・いわてグルージャ盛岡)の下部組織出身。2018年にトップチーム2種登録となると、2019年からはトップチームへ昇格した。なお、清水は同下部組織史上初めてのトップチーム昇格選手となる。2020年3月には、岩手がパートナーシップ協定を結んでいるカナダのヴィクトリア・ハイランダーズへ期限付き移籍。同年8月には岩手に復帰した。2021年は弘前に育成型期限付き移籍し、東北社会人サッカーリーグ1部を舞台にプレーしていた。

関連リンク

  • 11/17 16:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます