岸博幸氏、官僚時代にスパイに「接触されてます」宮根も仰天「スパイって分かるの?」

拡大画像を見る

 元経産省官僚の岸博幸氏が17日、日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、役人時代にスパイに接触された過去があったと明かし、宮根誠司を驚かせた。

 番組では北朝鮮の話題を特集。日本で外貨獲得のための「スパイ活動」や、映画のモデルとなった大物工作員の話題などを取り上げた。

 岸氏は「日本はスパイが多い」と切り出し「私も役人時代に何べんか接触されてますから」と驚きの告白を行った。

 これに宮根は「ええ?あなたスパイでしょって分かるの?」と仰天。岸氏は「いや、仲良くなって。すごい仲良くなって分かったことがあるんですが、(スパイは)昔からいる」と断言した。

 岸氏は日本のスパイ対策について「政府側もこれまで緩かったが、米中対立で、特に美術流出でだいぶ厳しくやるようになった。それ以外は緩い」と説明。宮根は「(スパイは)ものすごく愛想いいの?」と興味津々。岸氏は「すごく優しい。どこの国かは言いませんが、すごく優しい」と振り返っていた。

関連リンク

  • 11/17 15:38
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます