Sexy Zone『彼女はキレイだった』主題歌がドラマアカデミー賞でドラマソング賞

拡大画像を見る

『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)第109回ドラマアカデミー賞が発表され、Sexy Zone『夏のハイドレンジア』がドラマソング賞に輝いた。



ドラマアカデミー賞は1994年に創設され、毎年4回、クールごとに開催。国内の地上波連続ドラマの中から、読者、審査員、TV記者の投票によって部門別のNO.1を決定している。


第109回は、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が最優秀作品賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、監督賞と5冠を達成。そして、『彼女はキレイだった』からは、小芝風花が主演女優賞、Sexy Zoneによる主題歌『夏のハイドレンジア』がドラマソング賞に輝いた。



受賞結果はwebサイト「ザテレビジョン」でも公開中。受賞者インタビューも掲載されている。


<受賞結果>

●最優秀作品賞=「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
●主演男優賞=鈴木亮平「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
●主演女優賞=小芝風花「彼女はキレイだった」
●助演男優賞=賀来賢人「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
●助演女優賞=菜々緒「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
●脚本賞=根本ノンジ氏「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」
●監督賞=松木彩氏、平野俊一氏、大内舞子氏、泉正英氏「TOKYO MER~走る緊急救命室~」
●ドラマソング賞=Sexy Zone「夏のハイドレンジア」( 「彼女はキレイだった」 )



小芝風花:撮影=石塚雅人

関連リンク

  • 11/17 15:22
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます