サックス奏者ケニー・G、「洗髪は3週間に1度」と仰天告白

拡大画像を見る

美しい音色で世界中の人々を魅了する、サックス奏者のケニー・G(ケニー・ゴーリック)。フランク・シナトラ、アンドレア・ボチェッリ、セリーヌ・ディオンなど、これまで多岐にわたるジャンルのアーティストと多数のコラボを実現してきた世界的アーティストのケニーは、1982年のデビュー以来、7500万枚のグローバルアルバムセールスを記録したグラミー賞受賞アーティストだ。

そんな世界的“ジャズアイコン”のケニーと聞いて、人々が真っ先に連想するのはそのヘアスタイルではないだろうか。近年は生え際の後退こそ否めないものの、ボリューミーなロングのカーリーヘアは65歳になった現在も健在である。来月にはHBOから自身のドキュメンタリー『Listening to Kenny G』が放送されるが、同プロモーションの一環で出演した『Page Six』のインタビューでは、そのアイコニックなヘアスタイルに話題が及んだ。

「髪が汚れることはないね。」

そう断言しながら、普段のシャンプーの頻度は3週間に1度だという驚きの事実を告白したケニー。それでも自身はいたって「清潔な男」だと主張しながら、現在は「パンテーン(PANTENE)」のシャンプーと「モップ(MOP)」のカール専用クリームを愛用中であることを明かした。

「残念ながら、僕にはCMの契約なんかもないからね。高価な商品を使ったところで、僕には何も入ってこないんだよ。」

ともケニーは話しており、高級ブランドを使用しないのは、どうやらいたって現実的な理由からだったようである。

世界的に名の知れた超セレブなミュージシャンでありながら、庶民的なヘアケア製品を愛用しているというケニーには、

「好感が持てる」
「ゴージャスなカーリーヘアが最高」
「一貫したスタイルを貫くところが素敵」

などとポジティブなコメントも寄せられたが、一方で

「不潔すぎる!」
「3週間も放置してるなんてあり得ない!」
「周囲の人はきっと悪臭に迷惑しているに違いない」
「ケニー・GのGは“greasy”(脂っぽい)のGだったのか!」

など3週間に1度という衝撃の洗髪頻度に関する厳しい意見が相次ぐ結果となった。

今夏には、あるポッドキャスト番組に出演したアシュトン・カッチャー&ミラ・クニス夫妻が、子供達の体はあくまでも「汚れていたら洗う」スタンスであることや、アシュトンが日々洗うのは「脇の下と股間のみ」でそれ以外の部分は「一切洗わない」と衝撃の告白をしていた。他にも俳優ジェイク・ギレンホールが「肌の健康維持のためには、入浴しないのがいい」「人間にはもともと洗浄能力が備わっている」などと発言するなど、ハリウッドセレブ達の驚きの“衛生観念”がちょっとした話題を集めていたところだった。

画像1枚目は『Kenny G 2021年1月1日付Instagram「Fresh suit.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 11/17 14:58
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます