NiziU・マコの“プロ根性”に出演者感心! 日テレ『行列』で“憧れの人”に挙げたのは、コロッケではなく「国民的人気女優・A」

拡大画像を見る

 11月14日放送のバラエティ番組『行列のできる相談所』(日本テレビ系)に、9人組ガールズグループ・NiziUがゲスト出演。番組内では、リーダー・マコの“憧れのスター”が登場する場面があり、本人は大感激していたものの、「実は当初のマコの希望とは、かけ離れた人物だった」(テレビ局関係者)という。

 NiziUは、JYPエンターテインメントとソニーミュージックによるオーディションプロジェクト「Nizi Project」から誕生し、昨年12月発売のシングル「Step and a step」でCDデビュー。オリコン週間シングルランキングやビルボードジャパンの総合チャートで1位を獲得し、YouTubeで公開されているミュージックビデオの再生回数は今年5月に1億回を突破するなど、大きな話題を呼んだ。

 今回の『行列のできる相談所』には、11月24日に発売するファーストアルバム『U』や、同28日から放送される冠番組『We NiziU!TV2』(同)の宣伝も兼ねて、9人全員で登場。好きな食べ物やハマっているものなど、プライベート情報を明かしたほか、リマ、リク、マコの3人は、事前収録したインタビューで憧れている人物を告白。リマが女優・芦田愛菜、リクはアメリカのシンガーソングライターであるテイラー・スウィフト、マコはものまねタレント・コロッケの名前を挙げた。

「マコは、『コロッケさんにお会いしたいなって。特にティラノサウルスのモノマネがスゴく好きなんです。追っかけてほしい』との願望を語り、VTR明けに番組MCを務めた東野幸治から、『(コロッケは)昔からもう、ものまね(対決)番組ずっと出てるもんね』と話を振られると、『家族でずっと、“コロッケさん対○○さん”だったら、コロッケさんを必死に応援するぐらい好きで……』とも明かしていました。その後、スペシャルゲストのコロッケがスタジオに登場。マコは手を叩いて喜び、『全身がちょっと震えて……あぁ~!』と、大興奮している様子でした」(芸能ライター)

 さらに、ティラノサウルスのモノマネをしたコロッケに追いかけられると、うれしそうに逃げ回ったマコは「(夢が)かないました!」と笑顔に。憧れのコロッケとの初対面を受けて、「もう最高です! 泣きそうです。ホントにうれしいです!」と、感無量の表情を見せていたのだが……。

「実は、事前のアンケートでマコが一番に名前を挙げていたのは、国民的人気女優・Aだったんです。しかし、AはVTRでの出演も難しかったのか、当日はコロッケがスペシャルゲストとしてスタジオに現れる形となりました。マコにとってはやや残念な展開でしたが、さすがグループのリーダー。インタビューVTRから一貫してガッカリした様子は一切見せず、本来は真っ先にAの名前を挙げていたことなど、視聴者には絶対わからないようなリアクションに徹していました。事情を知る一部出演者は、マコのプロ根性に感心していたそうですよ」(前出・関係者)

 “大人の事情”や番組サイドの意向をくみ取る力は、芸能界を生き抜く上で必要なスキルなのかもしれない。

  • 11/17 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます