「仕事のミスは少ない」が約7割! やりがちなミス1位は?

拡大画像を見る

株式会社ビズヒッツが、働く男女500名を対象に「仕事でやりがちなミスに関する意識調査」を実施しました。

■調査結果

調査対象に仕事のミスが多いか質問したところ、「多い」が約5%、「やや多い」が約23%、「ミスはあまりしない」が約66%、「ミスはほとんどしない」が7%という結果に。調査対象の属性の約8割が30代以上ということもあり、長年の経験や慣れなどから「ミスは少ない」と自負している方が多いのかもしれません。

また、やりがちなミスを聞いたところ、「入力ミス・書き間違い」が1位となりました。いわゆる“ケアレスミス”が最も発生しやすいようです。

ミスが発生する理由としては、「慌てていると日付やロット番号を書き間違える」「疲れが溜まってくると、1文字違いなどのミスが増える」など、疲れや忙しさがミスに繋がるという意見が寄せられました。

続いて、2位に「やるべきことを忘れる」、3位に「確認不足・見落とし」と続き、慣れや不注意によって発生することが多いミスがランクイン。

そして、仕事でミスをした場合どうするかを質問したところ、「自分で修正・リカバリーする」が1位となりました。自分が引き起こした問題は自ら速やかに対処するという方が、やはり一番多いです。

続いて2位に「謝罪する」、3位に「再発防止に努める」がランクインしました。

仕事でのミスは誰もが経験することですし、一度のミスで職を失うということはまずあり得ません。

しかし、ミスをした際にどのように対処するかで、自らの成長や社内での評判には影響が出ます。ミスをしたらまずは非を認め、責任を持ってリカバリーすることを徹底したいですね。

■調査概要

調査対象:現在仕事をしている男女(500名)

調査期間:2021年9月25日

https://work.bizhits.co.jp/

(マイナビウーマン編集部)

関連リンク

  • 11/17 11:20
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます