L・ディカプリオ×J・ローレンスが地球滅亡の危機に奔走『ドント・ルック・アップ』予告

 俳優のレオナルド・ディカプリオと女優のジェニファー・ローレンスがダブル主演するNetflix映画『ドント・ルック・アップ』が、12月24日より独占配信されることが決定。併せて予告編とキービジュアルが解禁された。

 本作は、巨大彗星(すいせい)衝突という地球の危機を発見した天文学者と教え子が、世界の人々にその事実を何とかして伝えようと奔走する、ユーモア満ちあふれる超豪華エンターテインメント作品。

 キャストには、『レヴェナント:蘇えりし者』(2016) でアカデミー賞主演男優賞受賞のレオと『世界にひとつのプレイバック』(2013)でアカデミー賞主演女優賞受賞のジェニファーを中心に、メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、ジョナ・ヒル、マーク・ライランスら、アカデミー賞受賞・ノミネートの合計が8受賞&42ノミネート歴を誇るハリウッドトップクラスの実力者たちが集結した。

 天文学専攻のランドール・ミンディ博士(レオ)は、落ちこぼれ気味の天文学者。ある日、教え子の大学院生ケイト(ジェニファー)とともに地球衝突の恐れがある巨大彗星の存在を発見し、世界中の人々に迫りくる危機を知らせるべく奔走することに。仲間の協力も得て、オーリアン大統領(メリル)と、彼女の息子であり補佐官のジェイソン(ジョナ)と対面したり、陽気な司会者ブリー(ケイト)によるテレビ番組出演のチャンスにも恵まれ、熱心に訴えかけるが、相手にしてもらえないばかりか、事態は思わぬ方向へ―。

 予告編では、ミンディ博士とケイトが、事態を真面目に捉えないクセ者たちにほんろうされ、深みにハマっていく姿がコミカルかつ緊迫感満載に描かれていく。

 オーリアン大統領とジェイソンには鼻で笑われ、全く相手にされない。そして、テレビ司会者ブリーからは「ハンサムな天文学者は歓迎しますが、わめく女性はもうお断り」と生放送でイジられてしまう始末。さらに、本人役にも見えるアリアナ・グランデ演じる女性からは「彗星を発見?(私は)背中に流れ星のタトゥーがある」ともはや返答不能なリアクションをされてしまったり、面倒くさそうなハイテンションの若者からは「人類絶望って言った人?」とからかわれたりと、さんざんな目に。2人は必死に訴えるほど八方ふさがりに陥っていく。

 監督は、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)、『バイス』(2018)のアダム・マッケイ。主演のレオは「アダムは長年一緒に仕事をしたいと思っていた監督だよ。彼はみんなの意見を尊重してくれる人で、それぞれのシーンで思ったように演じさせてくれるんだ」、ジェニファーも「私はアダムの大ファンで、ずっと仕事をしたいと思っていたの。脚本を読んだとき天才だと思ったし、おそらくこれまで読んだ中で1番面白い脚本ね」と語っている。

 Netflix映画『ドント・ルック・アップ』は、Netflixにて12月24日より独占配信。12月10日より一部劇場にて公開予定。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 11/17 10:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます