耳が聞こえない父親と買い物中に、立ち止まった女の子 理由に父親は大感激

拡大画像を見る

ある父親が、幼い娘と交わした『会話』をTikTokに投稿。大きな反響が上がっています。

ザッカリーさんは聴覚障がいをもっています。娘のマディソンちゃんは耳が聞こえるため、日頃から言葉とともに手話も教えているそうです。

ただ、マディソンちゃんはまだ1歳なので、たくさんの言葉は話せません。

そんなある日、親子は買い物へ行きました。マディソンちゃんがスポンジを両手に抱えて歩いていると、どこからか赤ちゃんの泣き声が聞こえてきます。

すると、マディソンちゃんが立ち止まり…何が起きたのかはこちらをご覧ください。

マディソンちゃんは手に持っていたスポンジを下に置き、ザッカリーさんに向かって手話で「あっちで赤ちゃんが泣いているよ」と伝えたのです。

ザッカリーさんは「ワオ!彼女が初めて、僕に手話で通訳をしてくれたよ」と大感激。

その様子を撮影した動画を投稿すると、530万件の『いいね』が集まり、驚きの声が上がりました。

・彼女は聞こえたものを手話で伝えただけじゃなく、あなたが聞こえていないことも理解している。信じられないよ。

・この年齢で2つの言語を同時に学び、使いこなせているなんて、とても賢い子ね。

・なんて素敵な瞬間。心が温かくなった。

ザッカリーさん親子のSNSには、ユニークな子育ての様子が公開されています。

妻のコートニーさんは、英語と手話を同時に使ってマディソンちゃんと会話をします。一方、ザッカリーさんは手話のみで娘とコミュニケーションをとります。

こうしてマディソンちゃんは、2つの言語を相手によって使い分けているのです。本当に賢いですね。

赤ちゃんの声が聞こえていない父親に、手話でそのことを教えてあげようとしたマディソンちゃん。

娘が初めて、自分のために手話で状況を伝えてくれた瞬間は、ザッカリーさんにとって一生忘れられない思い出になることでしょう。

[文・構成/grape編集部]

出典 oursignedworldoursignedworld

関連リンク

  • 11/17 11:46
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます