近藤真彦、“一生もの”超高級ギターを「爆買い」&同行の野村義男の「ポイント生活」を“上からイジリ”のセレブぶり!

拡大画像を見る

 歌手の近藤真彦(57)がパーソナリティを務めるラジオ番組『近藤真彦 RADIOGARAGE』(文化放送)では、11月16日から4週にわたって野村義男(57)がゲストとして登場。

「たのきんトリオ」の盟友として40年以上の親交がある2人。12月9日からは近藤と野村による全国ライブハウスツアー「MasahikoとYoshio Live Tour2021―2022」がスタート。11月16日のラジオでは、その舞台裏についてトークを展開した。

 ツアーに先駆けて自分のお金で一生もののギターを購入することを決意した近藤は、野村に連絡を入れ、2人で時間を合わせて楽器店に集合したという。

 近藤は「よっちゃんも、俺のギターだからさ、“あれがいいんじゃない? これがいいんじゃない?”とか言ってくれたけど、“そうじゃないんだよね、こっちのほうがいいんだよね”って高いやつを俺が言うわけよ。そしたらよっちゃんは“え、なんで? こんな高いの買う気なんだ?”って」と振り返った。

 これに野村は「高かったですよ。初めて買うには本気すぎるもん。レベルが10だとしたらさ、“本気で始めるよ”ってなったら(レベル)2ぐらいのスタート。2スタートぐらいのところが、この人(レベル)8から始めてるみたいな(笑)」とコメント。

 近藤はエレキギターとアコースティックギターの2本を購入するつもりだったといい、納得する一生もののギター2本を選んだようだ。

 支払いの段になり、店員から「領収書のほうは?」と聞かれた近藤は「一応もらっておきます」と応じ、「ポイントのほうは?」と問われると、「いや、ポイント俺いらないと」と対応したという。

 そこに野村が「すみません……僕にポイントもらえますか」と入ってきたと近藤がイジると、野村は「ポイント生活当たり前でしょ!」と反論。

 さらに近藤は「すごい可愛くて。そっか、よっちゃんしょちゅう来る人だから」と納得したようで、「俺、釣り道具屋さんではポイントもらうのよ」と、自身も釣具店ではポイントを貯めていると明かす。

「じゃあ同じじゃない」と野村が苦笑しつつ言うと、近藤は「俺は楽器屋はポイントいらないから。と思ったら、よっちゃんが横に来て、“ポイントもらえますか”って。あのときのよっちゃんが忘れられない(笑)」とし、野村は「おかげでいい思いしましたよ。ポイント生活ですよ、ありがとうございます」と終始仲良さげに語った。

■「5年不倫」報道で明らかになった近藤真彦の“パトロン”

「近藤といえば、昨年11月に25歳年下の女性との5年不倫が報じられ、そのときにあらためて明らかになりましたが、彼には大企業など財界人のパトロンがいますからね。莫大な資金が必要なカーレースでもそういったところからのサポートがあるのでしょう。

 野村が驚くような金額の高級ギターを2本購入したわけですから、ジャニーズ事務所を退所した今でも資金的には余裕があるんでしょうね。野村とのやりとりでは、近藤のそういった金満ぶりな一面が出てしまったとも言えるのかもしれまねんね。

 とはいっても、近藤も釣具店のポイントは貯めているそうですから、すべてにおいて金満、セレブといった感じではないんでしょうね」(女性誌記者)

 近藤は12月からのツアーで、今回購入したギターでの演奏も披露するかもしれないと示唆していた。マッチとよっちゃんのギターセッションが見られるのかもしれない。

関連リンク

  • 11/17 11:58
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます