「もう大丈夫よ」 女性の腕に抱かれた妊娠中の野良犬が… 「涙が出た」

拡大画像を見る

ある晴れた日、ジャックス・アンダーソンさんは妻と一緒に、フライドチキンの屋台で昼食を食べていました。

すると、近くの歩道に横たわっていた1匹の犬が、2人のことをじっと見つめてきたのです。

その犬は、明らかに彼女たちが食べているものを欲しがっているようですが、近付いては来ません。

2人はそんな犬のことを気にかけていたものの、屋台の店主が犬を追い払い、犬は怖がってどこかへ行ってしまいました。

妊娠している野良犬を見た女性は…

食事を終えた2人は家に帰る途中、数ブロック離れたところで再びその犬を見かけます。

犬は人に対して怯えていました。ジャックスさんは、その犬の顔や体にいくつもの傷跡があるのを見て、人を怖がっている理由が分かったといいます。

おそらく犬は以前、誰かに虐待されていたのでしょう。

また、犬は妊娠していました。ジャックスさんの妻は、食べきれずに持ち帰った食事を犬の近くに置き、少し離れてみます。

すると犬は、すぐに食べ始めました。とてもお腹が空いていたのでしょう。

犬はジャックスさんに対しては警戒していましたが、なぜか妻には少しずつ近付いてきたのだとか。

そして2人は、犬を保護して車に乗せることができました。

@gatorsnuggles

The only thing I struggle with living here are the street dogs. 💔🥺 ##dog ##rescuedog ##fyp ##foryourpage ##pitbull @princesstigerlily6969

♬ Pieces (Solo Piano Version) - Danilo Stankovic

犬はポピーと名付けられ、動物病院での診察の結果、健康状態に問題はなかったといいます。

最初は人を怖がっていたポピーですが、ジャックスさんたちに心を開くまでに時間はかかりませんでした。

翌日には、2人の腕に抱かれてすっかり安心しているポピーの姿が公開されています。

そして、2人がポピーを保護してから間もなく、ポピーは9匹の子犬を出産しました。

6匹のオスと3匹のメスで、母子ともに全員が健康だということです。

この心温まる動画を見た人たちからは、たくさんのコメントが寄せられています。

・車に乗った後、犬が安心しきっているのを見て涙が出た。

・あなたは1匹の犬を救ったんじゃない。1匹プラス9匹の犬を救ったんだね。

・俺は32歳の男だが、小さな女の子のように泣いてしまったよ。本当によかった。

ウェブメディア『The Dodo』によると、ジャックスさんたちは最初、ポピーを一時的に世話をした後、里親を探すつもりだったのだとか。

しかし、ポピーが彼女たちの家に足を踏み入れて以来、2人はポピーが愛おしくて手放せなくなったそう。

先住犬もポピーのことをすんなりと受け入れたといいます。

出産間近の母犬にとって、家もなく、食べ物もない状況で生きていくのはどんなに心細くて過酷だったことでしょう。

やっと優しい家族ができたポピー。これからはジャックスさんたちと一緒に幸せに過ごしていってほしいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 gatorsnugglesThe Dodo

関連リンク

  • 11/17 10:58
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます