オマーン戦勝利で2位浮上も…日本代表FW古橋は自身の現状に「満足していない」

拡大画像を見る

 日本代表FW古橋亨梧(セルティック/スコットランド)が、16日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第6節オマーン代表戦を振り返った。

 前半をスコアレスで折り返した日本代表だったが、後半開始のタイミングで投入されたMF三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)が攻撃を活性化させたことで、徐々にオマーン代表を押し込んでいく。62分にはFW南野拓実(リヴァプール/イングランド)との交代で古橋がピッチに入り、得意のDFライン裏を狙う動きで相手の脅威となった。81分には、三笘のクロスをFW伊東純也(ヘンク/ベルギー)が押し込んで先制点を奪取。結局、伊東のゴールが決勝点となり、日本代表が1-0と完封勝利を収めた。なお、オーストラリア代表が中国代表と1-1で引き分けたため、日本代表はグループ2位に浮上している。

 試合後、オンラインでのメディア対応を行った古橋は「まず、アウェイ2連戦で2勝できたことは大きかったと思います」と、ベトナム代表戦、オマーン代表戦で勝ち点6を上積みできた点を評価。度々好機を演出し、決勝点もアシストした三笘については「ドリブルが印象的。相手もへばっていたので、早く預けて彼が得意とする一対一のシーンにできたらと思っていました」と語った。

 貴重な勝ち点3を獲得した日本代表だったが、前半はオマーン守備陣を崩しきれずに苦しんだ。チームの様子をベンチで見つめていた古橋は「難しい展開になることは分かっていました」とコメント。「アウェイの独特なピッチ状況のなかでプレーするのは難しい。それでも、前半はみんなで頑張ってゼロで終われましたし、得点こそなかったですけど、いい形でできている部分もあったので、後半試合に出るチャンスがあるのであれば流れを変えるプレーをしたいと思っていました」と、後半に勝負を懸ける余地を残せた点をポイントに挙げた。

「個人としてはFWとして出場しているなかで、結果には満足していない」と語る古橋。オマーン代表戦をもって日本代表としての年内の活動は終了したが「(代表に)呼んでもらえるのが当たり前と思うのではなく、まだまだ僕は未熟者で、まだまだやらないといけないと思っています。クラブに戻ってしっかり結果を残して、また年明けから呼んでもらえるように頑張っていきたいと思える代表活動でした」と、2021年を振り返った。

 2022年、日本代表は残り4戦にワールドカップ出場を懸けることになる。古橋は「どの試合も落とせないですし、残り4戦全勝するつもりでいます。課題は、どれだけ短い時間であったとしても出場した試合で結果を残せるか。そこを意識しないといけないです」と、気を引き締めなおした。

関連リンク

  • 11/17 11:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます