さんまが「偉人」「国宝」「ノーベル賞級」と称賛された神エピソードとは

拡大画像を見る

 お笑いタレントの明石家さんまが11月13日放送の「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演し、「ずっと心残り」だという中学生とのエピソードを振り返った。

 バラエティ番組の収録中だけでなく、プライベートでも常に喋りまくり、ファンへの対応もサービス精神に満ちあふれていることで知られるさんま。この日、番組アシスタントを務めた次長課長・河本準一とも、私生活でのさんまの行動に関する話題となり、「(新幹線などで)弁当食べる時も、隣のサラリーマンが“こぼすんだろうな”っていう目でずっと見てるんですよ。(その期待に応じて)ワザとこぼすと、笑っています。何でこんなことするんやろ。でも、その人にとっては一生の思い出やな」と語ったのだという。

 ただ、そんなさんまも「昔、ひとつ後悔していること」があるとし、コンビニの駐車場に停めていた車にされた中学生からのイタズラを回想。「コンビニの袋を膨らまして、車のタイヤの所に置いて、後ろへ下がったら(袋を踏んで)パーン!って音が鳴るイタズラをやっているのを、コンビニの中から見ていた」というさんま。その後、袋の存在に気付かぬフリをしたまま車を運転し、「パーン!って鳴ったんで、俺が車から飛び降りて『パンクやっ!』って驚いてあげたらいいってわかっていたんですけど」としつつ、「俺もちょっと疲れていたのか、しんどかったのか、急いでいたのか。そのままスッと去ったんです」と珍しくノーリアクションでその場を後にしたと振り返った。

 疲労により、中学生が思い描いたであろう“明石家さんま”を演じることができず、「あれが、ずっと心残りなんです。今でもそれを悔いているくらいやから。あいつら、やってほしかったやろうなぁ。そしたら、俺のファンになってたやんか、絶対。わかってはいたんですけど、帰ってしもうたのを悔いている。それだけは反省」と後悔。一方で、「でも、こちらも気持ちとか体調とかあるのでね。その時は許してください」と語り、お笑い怪獣にもたまには休息が必要なようだ。

「年中無休でお笑いを全うしようとするその活力ぶりには、ネット上でも『偉人の領域』『この方、ほんと国宝級だよね』『みなさん国宝級とか、神とか、偉人とかって書いてるけど、ほんとそう。私はノーベル賞ものだと思います』『本当にすごい人だなぁ』『逆に言うと、この時以外はことごとく仕掛けに乗ったということか。本当に凄すぎる。ずっと面白いままでいられる所以が感じられる』『いい人すぎる』などの絶賛が集中し、『さんまさんに体調不良があったことに驚き』『私だったら、ブチ切れてる』といった指摘もありました」(テレビ誌ライター)

 国民的なスターとなった今もバラエティ番組では全力で笑いに尽くし、一切の手加減を許さないさんま。そのプロ意識はカメラが回っていないところでも常にスイッチが入っており、ファンへの神対応ぶりにはただただ脱帽するしかないだろう。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 11/17 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます