ぺこぱが脱一発屋に成功!要因は元芸人のマネージャーだった

拡大画像を見る

 一発屋芸人の危機を跳ね返し、バラエティ番組だけではなく俳優デビューまでしたお笑いコンビのぺこぱ。今春からは日本テレビ系昼の生番組「ヒルナンデス!」の金曜レギュラーに加わり、10月には冠番組「ぺこぱポジティブNEWS」(テレビ朝日系)がスタート。M-1ファイナリストになってからの2年間は衰え知らずだ。

 松陰寺太勇&シュウペイを息の長い芸人にすべく、二人三脚で歩んでいるのは担当マネージャーの橋本裕介氏。自身もかつてはサンミュージックに所属していた芸人だった。コンビ名は「ロックンロールコメディーショー」。元相方は「池田57CRAZY」で、現在は愛娘のレイラと漫才師「完熟フレッシュ」として活動している。

「ロックンロールコメディーショーは13年4月に、池田の芸人引退によって解散しました。池田はその後、ジムトレーナーに転身。離婚して、小学生だったひとり娘のレイラちゃんを引き取りました。父子家庭をネタにした漫才で、18年に出演した『ぐるナイおもしろ荘』(日テレ系)で話題となり、翌年からテレビの世界で成功しました」(エンタメ誌ライター)

 対して、「フレディー橋本マーキュリー」というピン芸人で再スタートした橋本氏は、泣かず飛ばず。元「ラブカップル」の中田喜之と「逆転満塁ホームラン」というコンビを組んだが、長持ちせずに14年11月に解散。芸人をあきらめてマネージャーに転向して、カンニング竹山を担当。ぺこぱに移ると、M-1効果で大ブレイクした。

 現在はぺこぱ、ピン芸人のTAIGAを担当。TAIGAは、ぺこぱやオードリーがお世話になった大先輩として「アメトーーク!」(テレ朝系)ほか多くの人気バラエティに出演。Uber Eatsでアルバイトをしながら妻子を養うドキュメンタリー映像は見る者の胸を打ち、芸人として収入増につながった。

「TAIGAさんはネットマガジンで自伝エッセイを連載。電子書籍化されました。ぺこぱは、毎日を元気で過ごせるパワーワードが満載のカレンダー『毎日ぺこぱ』を2年連続で発売。お笑い雑誌の表紙を飾ることも増え、“誰も傷つけない肯定漫才”はロングセラーになりつつあります」(前出・エンタメ誌ライター)

 芸人廃業で人生を好転させた“バズらせマネージャー”橋本氏。ぺこぱ、TAIGAにとってはかけがえのない恩人だ。

(北村ともこ)

関連リンク

  • 11/17 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます