嵐・櫻井翔「大みそかの休みは22年ぶり」衝撃の告白と「宅飲み」で大野智と松本潤が用意する「意外な手土産」

拡大画像を見る

 11月11日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、嵐の櫻井翔(39)が長年の親友である妻夫木聡(40)、佐藤隆太(41)とともに生まれ故郷の群馬を旅した。これまでにも年に1度行われてきた3人の「男旅」企画も3回目、今回は櫻井結婚発表から3日後のロケだったため、妻夫木と佐藤は「櫻井さん、結婚おめでとうございます!」「本当びっくりしたよ」「Yahoo!ニュースで知ったの」と祝福からスタートした。

 3人で交代にドライブしながらの車中、妻夫木から「ぶっちゃけたところ、嵐、休止したじゃないですか。最近どんな感じなんですか?」「結構頻繁にみんなと連絡取ったりするの?」と聞かれた櫻井は、「取ってるよ。まあ仕事のことも含め、なんだかんだ」「そんな変わった感じしないんだよなぁ」と、活動休止後もメンバーとは変わらぬ関係であることを明かした。

 現在は完全に芸能活動を休止している大野智(40)についても触れ、活動休止前の10年以上は、嵐として10月~12月にかけてコンサートをしていたが、今年はそれがないため「こっからなんか急に感じるのかもしれないけど」「特に12月なんか年明けのお正月の特番撮ったり、歌番組出たりってのがそれがないってなったときに初めてなんか“こういう感じなんだ”っていうのはあるかもねって話、この間してたんだよね」と語り合ったと告白。これまで年末年始に働いているのは当たり前だった櫻井は、大みそかに休むのも22年ぶりだと明かし、妻夫木と佐藤を驚かせた。

 櫻井は年越しの思い出として、「紅白終わって着替えしてるときにさ、みんなパンイチだったの。で、カウントダウンするじゃん?」「5、4、3……とか、5人でせーのでジャンプして、“はい地球上にいない~!”とか言って」とメンバーとのやり取りを振り返り、妻夫木に「若けぇ」「それ俺が20歳ぐらいのときにやってたやつ」とツッコまれていた。

■ソロの音楽活動については未定

 妻夫木に「ソロでも音楽活動するつもりなんですか?」と聞かれると、櫻井は「いやぁ、どうだろう」と考え込み、「2年前ぐらいかな、プライベートで作った曲とかもあってさ」「書きたいことがあってね。そういうのが“書きたいなとか作りたいな”ってのが出て積み重なっていったら、その先にあるかなと思うんだけど」とコメント。「“音楽やりたいな、じゃあなんか作ろう”っていう感じじゃ、ちょっとないっていうか」「でもまあ、あるとしたらなんか、他の人とコラボっつうか。フィーチャリングみたいな形はあるかなとは思ってるけど」と今後の音楽活動について語った。

 他にも櫻井は、松本潤(38)は冷凍の馬刺しや酒、大野は手作りのカレーなど、家に遊びに来るときにメンバーが必ず手土産を持ってくるというエピソードも明かし、これだけ一緒にいて手ぶらでもいいのに「びっくりしちゃうな。手土産を用意してくるなんて」とメンバーの気遣いを明かし、佐藤と妻夫木を感心させた。

 11月3日の嵐デビュー記念日に行われた嵐のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の先行上映には、櫻井、松本、相葉雅紀(38)、二宮和也(38)の4人が初日舞台あいさつに登場。大野は不在だったが、大野からのメッセージも読み上げられ、活動休止以来のメンバーの集結というサプライズに、会場は歓声に包まれ、涙を流すファンもいたようだ。

 活動休止からもうすぐ1年経とうとしているが、変わらぬメンバーたちの関係に胸をなでおろしたファンも多い。もしかすると嵐の再集結も、意外に早いかも⁉

関連リンク

  • 11/17 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます