なにわ男子ファン絶賛!オジサンが連れてくる“自称モデル”が「要注意」なワケ!田中みな実&弘中綾香アナの「スキャンダル回避アドバイス」

拡大画像を見る

 11月13日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に、12日にデビューしたなにわ男子の西畑大吾(24)、大西流星(20)、長尾謙杜(19)の3人が登場した。

 西畑、大西は以前、1度番組に出演したことがあるが、当時も2人のあざとい行動は大きな反響を呼んだ。大西は番組出演をきっかけに「これもしかしたらアイドルとしてこの技使えるんじゃないか」と考え、街中などでふと見かけたあざとい行動を携帯にメモし、研究していると明かした。

 今回は、大西が街で収集したそんなあざとい行動10選を再現ドラマで紹介された。その中で大西がトップ3については「妄想なんですけど」と念を押し、上位2つに挙げていたのが、LINEのやりとりでマニアックな芸人のスタンプを使う女性と、「夢に出てきた」と言うくせにどんな夢だったか教えてくれない女性についてだった。

 大西はキラキラ女子風でお笑いに興味がなさそうなのに、コアなお笑いファンが好きな芸人のLINEスタンプを使う女子にはギャップにグッとくるといい、夢の話については「夢に出てきた」と言ってくるのに「恥ずかしいから自分の口では言えないなぁ」とじらされ、「夢に私が出てきたら教え合いっこするっていうのはどう?」というような女子について「たぶらかされる」と言及。西畑と長尾は「あれ言われたらオチますね」「夢に出てくるって言われたら“俺のこと好きなんかな?”って勘違いしちゃうじゃないですか」と悶絶した。

 そんな3人に、田中みな実(34)は「悪いけどこれね」「私は太古の昔かやってます。マルシー田中みな実だからね」と夢の話については自分の専売特許だと主張。一方、弘中綾香アナウンサー(30)は「言わなくてよくないですか? しかも、事実か嘘かわかんないし」と夢話に否定的で、「明日から300人ぐらいに言われると思いますよ」と3人に注意をうながした。

■芸能界で頑張りたい明確な理由がない女の子には近づくな

 さらに弘中アナは「芸能界で頑張りたい明確な理由がない人に気をつけろ」とアドバイス。「ただ芸能界でちやほやされたい、有名になりたいって理由で働いてらっしゃる方はただのミーハー」「特に女の子で、ちょっとちやほやされたい、外見が良くて芸能界入ったけど別に何がやりたいってわけもなく、ちょっとタレントやって、ちょっと女優やったり、ちょっとモデルやって生きてる人」には近づくなと警告。

 田中も「仕事の場ではなかなか会わないかもしれないけど、お外でね。お食事したときとかに」「自分たちが呼んだ子じゃないの」「同じとこでたまたま飲んでたからっていって、なんか連れてこられる場合があるのよ。よくわかんないオジサンに」と具体的に説明し、「そういうときにいる“自称モデル”とかには気をつけて」と熱く語った。

 2人のアドバイスに神妙な顔をしていたなにわ男子の3人だったが、視聴者からは「お酒の席は本当に危ない。なにわ男子はこれからだから気をつけて」「田中みな実大先生と弘中アナのアドバイスさすがすぎ」「自称モデルとインスタグラマー、気をつけよ」「大変ためになるアドバイス」など、称賛コメントが続いた。

 なにわ男子は、ジャニーズWEST以来の関西ジャニーズJr.出身の大型グループで、デビュー前から期待されてきた。12日に行われたデビュー会見では、大阪から羽田空港へチャーター機で移動し、羽田空港格納庫でデビュー曲『初心LOVE』を披露するというド派手なパフォーマンスも披露話題になった。

「令和の時代を背負えるようなアイドルになりたい」と意気込みを語ったなにわ男子。田中と弘中アナのアドバイスを胸にスキャンダル知らずのキラキラアイドルに育ってほしい!

関連リンク

  • 11/17 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます