ワクチン2回接種で特典の「ワクパス」、iPhone版をリリース

拡大画像を見る

 メディカルチェック推進機構とICheckは、新型コロナワクチン接種証明アプリ「ワクパス」のiOS版を11月10日にリリースした。

 ワクパスは、ワクチン接種証明をデジタル化できる無料アプリ。ワクチン接種記録と顔写真のある身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードのいずれか)をアプリで登録することで、手持ちのスマートフォンで、いつでもどこでもワクチン接種証明ができる。
 また、ワクパスを提示することで、賛同企業の対象店舗などで特典を受けることができる。
 今回はiOS用ストアAppStoreでの提供となり、Android用ストアでの申請も行っている。また今後、3回目のワクチン接種などの機能も検討していく。
 なお、ワクパスは、メディカルチェック推進機構が発行する、民営のワクチン接種証明となる。同証明は、安全・安心な企業活動を望む賛同企業とユーザーをつなぐものになる。ワクチン接種に様々なインセンティブを与え広くワクチン接種推進の一助にするとともに、コロナで打撃を受けた様々な団体・企業などの経済活性化を目的としている。
 ワクパスの趣旨に賛同する団体・企業などは、URLにアクセスし、申し込み(特典の内容含め)をすると、賛同企業としてアプリ上に掲載される。掲載は無料。

関連リンク

  • 11/17 8:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます