オランダ、2大会ぶりにW杯本戦出場! トルコがプレーオフ、ノルウェーは敗退

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループG最終節が16日に行われ、オランダ代表とノルウェー代表が対戦した。

 第9節を終えて、首位のオランダが勝ち点「20」、2位トルコ代表と3位ノルウェーが勝ち点「18」で並んでおり、グループGは混戦状態に。3チームとも本戦出場の可能性を残している。

 前半をともにスコアレスで終えて後半に突入。するとオランダは84分、デイリー・ブリントが中央のアルノー・ダンジュマにパスを出すと、ダンジュマはエリア右でフリーになっていたステーフェン・ベルフワインにボールを渡す。ベルフワインが右足を振り抜くと、シュートは右上に決まり、オランダが先制した。

 さらに90分、カウンターの流れからベルフワインがドリブルで縦に上がると、左を上がってきたメンフィス・デパイにスルーパス。デパイが最後は決めて、オランダが追加点を獲得した。

 このまま試合は終了し、オランダは2-0でノルウェーに勝利。なお、同時刻に行われたモンテネグロ代表vsトルコ代表の一戦は、2-1でトルコに軍配。この結果、オランダが首位で2大会ぶりの本戦出場を果たし、トルコが2位でプレーオフ進出となった。

【スコア】
オランダ 2-0 ノルウェー

【得点者】
1-0 84分 ステーフェン・ベルフワイン(オランダ)
2-0 90分 メンフィス・デパイ(オランダ)

関連リンク

  • 11/17 6:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます