「独特の雰囲気の中…」山根視来、連勝に喜び「いい流れで来ている」

拡大画像を見る

 日本代表DF山根視来が、16日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第6節オマーン代表戦を振り返った。

 日本は81分、三笘薫の折り返しを伊東が合わせて先制に成功。そのまま日本は守り切り、1-0でオマーンに勝利した。日本はオーストラリア代表の結果を受けて、グループ2位に浮上した。

 右サイドバックでフル出場を果たした山根は「中東のアウェイで独特の雰囲気の中、すごくタフな試合になりました」と試合を振り返った。「みんなで我慢しながら、相手の規則正しいスライドしてくる守備を横に揺さぶりながら、90分間を通して勝つという目的をもって、勝ち点3が取れたと思います」と話した。

 日本はベトナム代表戦に続いて、敵地で2連勝を飾った。山根は「勝ち点6というのが最低条件だったので、そこはよかったです」と喜びを口にし、「最終予選のアウェイはどの大会を見ても難しいので、まずは勝つことにフォーカスしてできたと思います」と語った。

 また、山根は2試合連続の先発起用について言及。「やっぱりピッチ外で見るのと、中でプレーするのでは天と地の差があると改めて感じましたし、いろいろなリスクを感じながらプレーするというのも、なかなかできない経験だったので。でも、まずは勝ち点3にしっかり貢献できたこと、今後はもっと自分の強みを生かしていければと思います」と意気込んだ。

 第7節と第8節は日本のホームでの試合となる。山根は「いい流れで来れていると思いますし、期間も少し空くので、しっかりそこに照準を合わせないといけないと思います」と語り、「ホームでできるので、サポーターの皆さんの力が後押しになると思うし、このまま自力で全部勝てば行けるので、みんなでチーム一丸でやっていきたいと思います」と気を引き締めた。

関連リンク

  • 11/17 6:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます