武田玲奈、封印していた水着姿をドラマで「復活披露」で気になる“Dバスト”!

拡大画像を見る

 女優でモデルの武田玲奈が、ドラマ内で大胆な上下セパレートの水着姿を披露している。武田は、実力派の俳優・北村有起哉が、初の主役を演じていることでも話題の「ムショぼけ」(ABCテレビ)に、人気インフルエンサーのリサ役で出演中。武田の出演が特に多かった11月7日放送の第5話では、艶ショットが盛りだくさんだったのだとか。

 このドラマは、原作者の沖田臥竜氏の実体験をベースにしたもので、北村扮する二代目徳島組の元ヤクザ・陣内宗介が14年ぶりに刑務所から出所するところから話が始まる。

“ムショぼけ”とは、長年の刑務所暮らしによって、社会と隔絶された生活を送った者が出所後、世の中の環境の変化やスピードの速さについていけない現象を言うそうだ。ドラマライターが言う。

「北村は、極道の掟を守って、刑務所行きさえも恐れず純粋に使命を全うしたのち、意気揚々と刑務所に入ったという役どころ。ところが、兄貴分との約束は反故にされるわ、獄中離婚となるわ、出所日に誰ひとり出迎えに来てくれないわ、元ヤクザ仲間は、皆カタギになってマジメに働いているわ…、という状況に立たされます」

 そんな中、元弟分で現在は暴露系の極道インフルエンサーとして活躍しているHIRO(コウテイ・九条ジョー)を通して、同じく人気インフルエンサーのリサ(武田)と出会う。陣内の言動にいちいち興味津々のリサは、陣内の娘・ナツキ(鳴海唯)と3人で海に行くことを提案してくる。

「着ていたTシャツと短パンを惜しげもなく脱ぎ捨て、水着姿で無邪気に海辺で遊ぶリサ役の武田は、昨年で水着グラビアを封印しましたが、以前のCカップから推定Dカップに成長したとも噂される形の良い胸は健在でした。締まったウエストとのメリハリあるボディは、どの角度から見ても完璧。インフルエンサー・リサ役として、様々な自撮り写真もSNSにアップしていますが、はんなりとした浴衣姿は序の口で、超ミニ丈のワンピ姿で座っている艶っぽい写真や、背中を紐で縛るタイプのワンピ姿は、肩と背中部分が丸っと見え。そんなリサのことが気になっている陣内との今後の展開もかなり気になるところです」(前出・ドラマライター)

 このドラマを企画プロデュースしたのは、映画監督の藤井道人氏で、現在放送中の「アバランチ」(フジテレビ系)では監督を務めている。こちらのは、元極道の話ではあるものの血なまぐさいシーンは少なく、そこかしこに笑えるネタが仕込んであるので、その違いを楽しむのもまた一興かもしれない。

(島花鈴)

関連リンク

  • 11/17 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます