「もうLINEしてこないで」全男性が実は嫌がってるNGなライン

拡大画像を見る


男性には、受け取ってうれしいLINEと嫌なLINEがあるもの。その境界線は一体どこにあるというのでしょうか?
「ここからがNG」というボーダーラインを、ここでしっかりと把握しておいてくださいね。


長文の相談

男性に相談すること自体は、決して悪いことではありません。ですが、長文のLINEで相談するのはNG。
スクロールが必要なほどの相談は、重く感じられてしまいます。もしどうしても男性に相談したい場合は、直接会っているときや電話で相談してください。
ただ「これとこれどっちがいいかな?」といった気軽な相談はLINEでもよいでしょう。


質問だらけ

実は質問だらけのLINEも、男性が嫌がるLINE。
毎回質問されると「面倒くさい」「根掘り葉掘り聞かれてうっとうしい」と感じるようです。
確かに会話を続ける上で、相手への質問は有効的。ですが、男性は詮索されている気分になります。
まだ男性からの好意が感じられないうちは、ほどほどにしておきましょうね。


一方的な報告

男性へ「今日はここに行ってきたんだ!」と、写真を送りながら報告していませんか?仮に男性から「今日はなにしてたの?」と聞かれた場合は問題ありません。
しかし、聞かれてもいないのに報告しているなら、迷惑がられているはずです。男性が報告のLINEをもらってうれしいのは、特別な女性だけ。
彼女や好きな女性以外からの報告LINEは興味がないようです。


察してほしがる

男性はLINEから、女性の「察してほしい」という気持ちが伝わってくると嫌な様子。たとえば「はぁ...どうしよう」とだけ送られてくるLINEですね。
この場合であれば「どうしたの?」「なにかあった?」と心配しなければいけないため、面倒に感じるようです。
LINEの様子から男性の気持ちを察することは良くても、その逆は嫌がられます。そうしたLINEばかり送っていれば、そのうち未読スルーされるようになるでしょう。

男性の受け取ってうれしいLINEと嫌なLINEのボーダーラインがどこにあるか、しっかり把握できたでしょうか?
次回から気になる彼へLINEするときは気をつけてくださいね!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 11/17 6:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます