伊東純也、2試合連続で決勝点記録も「MOMになったけど自分じゃない」

拡大画像を見る

 日本代表MF伊東純也が、16日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第6節オマーン代表戦を振り返った。

 日本は81分、三笘薫のクロスを伊東が合わせて先制に成功し、1-0でオマーンに勝利。日本はオーストラリア代表を抜いて2位に浮上した。試合後、伊東がメディア対応を行った。

 伊東は得点場面について「ボールが逆サイドにある時はしっかりゴール前に入っていこうという意識で、来るかなと思ったら来たのでゴールを奪えて良かったと思います」と振り返った。また、「ゴールを決められたのは嬉しかった」とする一方で、「パフォーマンスが今日は全然よくなかったし、相手が対策してきてもこじ開けたい。ゴールは決められたけど、悔しい気持ちがあります。MOMになったけど自分じゃないな、という感じです」としている。

 伊東はベトナム代表戦に続き、2試合連続で決勝点を記録。「試合に使ってもらっている以上、結果は出さないといけないし、チャンスを作るのが自分の仕事だと思うので、それを毎試合やらないといけないと思っています。自分がやらないと、というのはみんなも思っていると思うし、チームが勝つために自分がチャンスを作らないと、と思っています」と意気込みを述べている。

 また、伊東はオマーン戦の反省点について「俺が欲しいタイミングと(山根)視来が出したいタイミングが今日は合ってなかった」と明かし、「今日のような形だとサイドバックとうまく連携しないと難しくなるので、しっかり視来と話して、合わせられたらよかったです」と話した。

 伊東は試合全体を振り返り「前半はサイドを何度も変えて、空いているところを狙おうとしたら相手はスライドしてきたのですが、後半は空いてきたかなと」と分析。「それでうまくいかない時もありますけど、焦れずに最後は得点できたのだと思います。前半からチャンスはもっと作らないといけないと思うので、そこは修正したいなと思います」と振り返った。

 日本は最終予選で残り4試合を残している。伊東は「前の選手なので、ゴールに絡むのはもちろんです。逆サイドにボールがある時にゴールへしっかり詰める形で、ここ2戦得点できた形は大事にしたいし、さぼらずにやっていきたいです」と意気込んだ。

関連リンク

  • 11/17 5:48
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます