日本がオーストラリア抜いて2位浮上…サウジは無敗で首位維持/W杯アジア最終予選

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第6節が16日に各地で行われた。

 サウジアラビア代表はアウェイでベトナム代表と対戦。サウジアラビアは前半の先制点を守り切り、1-0でベトナムに勝利した。サウジアラビアは5勝1分けとなり、グループBで唯一無敗となっている。

 中国代表とオーストラリア代表の一戦は1-1の引き分けに終わった。オーストラリアが38分に先制すると、中国は70分にウー・レイのPK弾で同点に追いついた。

 日本代表は敵地でオマーン代表と対戦。拮抗した展開の中、日本は81分に伊東純也のゴールで先制に成功した。その後スコアは動かず、日本は1-0でオマーンに勝利。オーストラリアの結果を受けて、日本は2位に浮上した。

■試合結果
ベトナム代表 0-1  サウジアラビア代表
中国代表 1-1 オーストラリア代表
オマーン代表 0-1 日本代表

■順位表
1位 サウジアラビア代表(勝ち点16)
2位 日本代表(勝ち点12)
3位 オーストラリア代表(勝ち点11)
4位 オマーン代表(勝ち点7)
5位 中国代表(勝ち点5)
6位 ベトナム代表(勝ち点0)

■次節対戦カード
オーストラリア代表 vs ベトナム代表
日本代表 vs 中国代表
サウジアラビア代表 vs オマーン代表

関連リンク

  • 11/17 4:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます