森保監督、W杯最終予選2位浮上も「隙を見せれば…」 選手・サポーターには感謝

拡大画像を見る

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第6節が16日に行われ、オマーン代表とアウェーで対戦した日本代表は81分の伊東純也のゴールで1-0と勝利。グループ2位に浮上した。

 試合後、日本代表を率いる森保一監督は、「ピッチに立った選手だけでなく、ベンチの選手、そしてサポートにまわった選手含め、試合に出られる、出られないに関係なく、日々それぞれがやるべきことをチームのためにやり続けてくれたことがピッチ上の選手たちにエネルギー、パワーを与えてくれたと思います。今日も非常に難しい戦いでしたが、勝利を目指して選手たちが戦い続けてくれたことがゴールにつながったと思いますし、勝利につながったと思います」と選手をねぎらい、「現地で応援してくれた日本人の方々、DAZNの放送で深夜の時間帯に応援してくれた方々がいることで、我々日本代表は日本人のたくさんのサポートがいるという心強い思いをもってプレーできたことが勝利につながったと思います」と、サポーターへの感謝も述べた。

 試合は前半、攻撃にリズムが出ず。後半開始から三笘薫などを投入して、左サイドからのチャンスを増やしていった。「前半もボールは動いていたと思いますし、最後シュートにつなぐところを上げていかないといけないというところ(が修正点)。サイドでは起点をとれていたので、サイド攻撃をより強めていこうということで三笘を投入しました」と、投入の意図を説明した。

 同日に行われた中国vsオーストラリアが1-1の引き分けに終わったため、日本はオーストラリアを勝ち点1かわして2位に浮上したが、「予選突破に向け、W杯出場に向け、順位は2位に上がりましたけど、我々が油断したり隙を見せれば、また順位が入れ替わっていくことになります。これまでやってきた通り、目の前の一戦にチーム一丸となって最善の準備をして、試合でタフに粘り強く、最後まで戦い抜くということを一戦一戦やり続けて、W杯につなげていきたいと思います」と、残り4戦となった最終予選への意気込みを話している。

関連リンク

  • 11/17 4:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます