【マイルCS 注目馬】ステイゴールド産駒のマイル王 昨年2着のリベンジに虎視眈々

拡大画像を見る

 11月21日に阪神競馬場で行われるマイルチャンピオンシップ(3歳上・GI・芝1600m)。昨年同レース2着のインディチャンプ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)に注目。

 2017年12月の阪神芝1400mでデビュー。自己条件を連勝して臨んだ2019年2月の東京新聞杯(GIII)で重賞初制覇を飾った。

 同年の安田記念ではGI初挑戦ながら、アーモンドアイやアエロリットなど並み居るGI馬を破り、殊勲の金星を挙げる。続く秋初戦の毎日王冠(GII)3着を経て、挑んだマイルチャンピオンシップでは、最後の直線で2着ダノンプレミアムの内から抜け出して優勝。春秋マイル王に輝き、JRA最優秀短距離馬に選ばれた。

 父ステイゴールドには主にスタミナを武器とする産駒が多いが、本馬がマイル戦で鋭い脚を使えるのは、祖母トキオリアリティーの血統的な影響が大きい。トキオリアリティーの産駒には、2011年安田記念を制したリアルインパクトなどがおり、スピードを前面に押し出している産駒が多いのが特徴だ。

 昨年は、短距離女王グランアレグリアが春秋マイル王に輝き、その座を奪われたが、今年はリベンジを虎視眈々と狙う。

関連リンク

  • 11/16 18:28
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます