就活生に「愛読書」聞いてはいけない 企業の採用面接「タブー質問」ほかにも

拡大画像を見る

「愛読書はなんですか」。コロナ禍での企業の採用面接で、この質問が増えたという。読売新聞(電子版)2021年11月14日付記事によると、「企業の採用選考の面接では、能力や適性に関係がない質問だとして『NG』とされる」。

つい愛読書をたずねてしまいそうだが......。J-CASTトレンドは、大学ジャーナリストの石渡嶺司さんに詳しく聞いた。

「学生運動」の名残

先の読売の記事によると、滋賀県教育委員会が高校生を対象に行なった調査で、「愛読書を尋ねた事例が昨年度は前年度の3倍近くに増えた」という。この質問は、厚生労働省のウェブサイトに「思想信条の自由」に関わる不適切な質問として例示されている。

ツイッター上では、「逆に何なら質問していいの」と当惑する投稿、そもそも趣味に読書と書くのがいけないのかという疑問が見られた。

石渡氏によると、「愛読書」が質問禁止事項になっているのは、「学生運動」の名残だという。一見すると問題なさそうだが、本のタイトルなどを聞くのは本人の思想信条を探ることにつながりかねず、「アウト」となる可能性が高い。

ただ、文学を専攻する就活生なら、愛読書を答えるのは自身の大学での学びをアピールするチャンスになりそうだが――。

それでも石渡氏は、面接官にとって「本来は聞いてはいけない質問」であり、「やめた方がいい質問であることには変わりない」とした。

「気になるニュース」もマズい?

一方で、「学生側から愛読書について話すのは問題ない」。家族や恋愛の話題を面接官が聞くのは禁物だが、就活生自ら明かすなら差支えない。文学専攻の学生も、学生時代の学習成果を、自発的にアピールすればよいようだ。

採用面接で避けるべき質問は、ほかにもある。

健康状況に関しては「面接で聞く企業は、あまり多くありません」。厚生労働省ウェブサイトでは、採用選考の基本として「障害者、難病のある方、LGBT等性的マイノリティの方(性的指向及び性自認に基づく差別)など特定の人を排除しないことが必要」と記載している。このことからも、避けたほうがよい。

「最近、気になるニュースは」という質問は、石渡氏によると愛読書や家族、恋愛よりも聞かれる頻度が高いという。厚労省のサイト「公正な採用選考の基本」に書かれている、面接官が尋ねることで就職差別につながるおそれのある「本来自由であるべき事項」には明記されていない。しかし、同事項には「人生観、生活信条に関すること」「思想に関すること」「購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること」があり、「最近、気になるニュース」を問うのは、広い意味でこれらに該当すると解釈することも可能だと石渡氏は話した。一方で、「そこまで広義に解釈するのはこじつけだ、との意見もあります」。

面接官にとっては直近で自社に関連する良い報道があり、就活生から「御社のニュースがこの前報じられていましたね」と言ってもらうために質問するケースもあるという。

採用面接時の質問内容にどうしても我慢ならない場合は、大学のキャリアセンターやハローワークに報告し、注意してもらうように石渡氏はアドバイスした。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 11/16 20:10
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます