岸田首相が古葉竹識さん追悼「名将失ったことは非常に残念」初V時にも思いはせる

拡大画像を見る

 岸田文雄首相が16日、ツイッターを更新し、12日に死去した広島などで監督を務めた古葉竹識さんを追悼した。

 東京出身ながら広島出身の父親の影響で大のカープファンしても知られる岸田首相は「広島カープの黄金時代を築いた名監督 古葉竹識さんの訃報を聞きました」とつづると、「私が学生時代、後楽園球場で直接見たカープの初優勝。その時の監督が古葉さんであり、当時の赤ヘル軍団ブームは今でも鮮明に覚えています」とカープを初優勝へ導いた古葉監督の勇姿に思いをはせた。

 「野球界の名将を失ったことは非常に残念です。心からお悔やみ申し上げます」と、その死を悼んだ。

関連リンク

  • 11/16 23:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます