若見えのつもりが「顔面強すぎオバサン」…失敗しがちな2大メイクって?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258564/ )

在宅ワーク、そしてマスク生活にも慣れてくると久々のフルメイクに急に自信がなくなることはありませんか?

日常生活のルーティンが変わったとはいえ、フルメイクが必要な日はあります。出来るだけバランス感覚を忘れないでいたいものですよね。

そこで今回は、ついウッカリやってしまいがちな気合い入れすぎ失敗オバ見えメイクの特徴をご紹介します。

 

オトナの女を目指したはずが……「濃い眉・重ためアイシャドウ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258564/ )

顔が老けて見える大きな要因は目元の強さが関係しています。まぶたがくぼんでしまう、まつ毛が少なくなる、クマができているなど目に力が感じられないと、どうしてもお疲れ顔に。なので、それをカバーしようとアイメイクを頑張り過ぎて目元を濃くしてしまいがちに。

 

加えて眉毛も濃く太めにすると宝塚のように舞台用ステージメイクになってしまいます。濃いメイクがNGという訳ではありませんが、何事もバランス。

 

アイシャドウのグラデーションは自然になじむように整え、アイラインも太くし過ぎず、目のキワに沿ってごく細く入れるなど、基本のメイクを忘れずに。

 

また、目元が濃い代わりにチーク・リップを控えめにするというのもそれ自体は悪くないのですが、あまりにも薄すぎるとメイクバランスの対比が悪くなるので、ベースメイクはきっちりとナチュラルに作り込みましょう。

 

キュートな少女を実現するはずが……「ピンクチーク+ピンクリップ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/258564/ )

もう一つ、注意すべきポイントはカラーメイク。大人になると血色が悪くなりやすいので、チークやリップにピンクを取り入れるかたも多いですよね。

 

ただ、ピンクと一言にいってもその色みや濃さはさまざまです。とくに要注意なのは、派手な青みピンク。肌のベースがブルーベースの方は似合うかもしれませんが、色み次第で肌とピンクが浮いてしまうかも。青みピンク系を選ぶなら、ローズピンクが馴染みやすいでしょう。

 

また、チークもピンクカラーを丸く入れるとおてもやん化するので、NG。頬の高い位置からこめかみに向かって斜めに入れて。

 

おすすめは、ベースコントロールカラーにピンク系のカラーを仕込み土台を作ること。そして、チーク・リップにはくすみをカバーしてくれる温かみを感じる「ピンクベージュ」or「コーラルピンク」でさりげなく華やかにしましょう。

 

気合いが入る日ほど、バランス重視でメイクを考えて

メイクの怖いところは、自分でやりすぎているという感覚が分からなくなるところなんですよね。とくにすっぴん顔が血色のない疲れ顔であるほど、それをメイクでカバーしようと意識が向きがちです。

 

客観視するのは難しいですが「顔が薄いから濃くしよう」という考えが前提にあるとついやりすぎてしまうので気をつけて。あくまで「全体のバランスを整えよう」といった心持ちで取り組まれると良さそうです。

関連リンク

  • 11/16 11:15
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます