22/7 “覚醒”の予感はらむ力強いパフォーマンス、卒業する3人の背中押す

拡大画像を見る

秋元康総合プロデュースのもと、Sony MusicとANIPLEXがタッグを組んだデジタル声優アイドルプロジェクト「22/7(ナナブンノニジュウニ)」が、2021年11月14日、単独ライブ最大規模の東京国際フォーラム・ホールAを会場に、デビュー4周年を記念した「22/7 ANNIVERSARY LIVE 2021」を開催。昼夜公演を通して1stシングルからリリース順に全曲披露というパワフルなステージを展開した。5thシングル『ムズイ』に始まり、9人でのラストステージに涙と笑顔あふれた夜公演の模様をレポートする。


アグレッシブなOvertureと立ちこめるスモークの中、階段上のステージに一列に立ち並ぶ9人の姿はシルエットから力強い。リリース時の衣装を着てデビューシングルから時系列に披露するというアニバーサリーらしい構成で、キャラソンを含め4thシングルまで、完全にアップデートした全26曲を披露した昼公演を経て、疲れを見せるどころか会場に満ちたパワーを充てんしたかの気合いが伺える夜公演。その幕開けとなったのは、 TVアニメ『22/7』の主題歌としてキャラクターのライブシーンとともによみがえる5th表題曲『ムズイ』だ。「私にとっての希望ってどこにあるの?」。西條和の問い掛けは、そっとつぶやくようでいて鋭く刺さる。倉岡水巴の包容力ある歌声が出だしを飾った『空のエメラルド』で全員で手を繋ぎ波打つ水平線は、3人のメンバーの卒業を迎える今日も美しく輝いていた。


内にこもりがちなイメージのあった22/7に革命をもたらした6th『風は吹いてるか?』から、7th『僕が持ってるものなら』とともに思い出される出来事は、つい昨日のことのようだ。彼女たちには、歌えばよみがえる絆がある。間髪入れず、うつむいた顔を上げさせる「タチツテトパワー」の威力! 倉岡と海乃るりのリードで両手をTの字に広げて駆け回る姿に、自然と元気が湧き上がる。1stアルバム収録の『ヒヤシンス』は、セリフを主軸に、そのときどきの思いが歌に乗るライブならではの楽曲として育ち、凛と咲かせた大きな花が誇らしい。


また、夜公演の見どころとなったのが、6thシングル以降始まった多彩なユニット曲だ。一つが、演じるキャラクターのイメージで分けられた雰囲気別3ユニット。初めてのコミカルな楽曲で「半チャーハン」旋風を巻き起こしたハッピータイプの『晴れた日のベンチ』は、全員が今回の卒業メンバー。明るさと寂しさをないまぜにしながら、親指を立てたグッドのポーズなど踊れる振り付けが一体感を生む『To goでよろしく!』とともに、最強ポジティブなパワーを振りまいた。「ふーわふわーとるっとぅ♪」の甘い歌声で脳をくすぐる、ゆるふわタイプ「気の抜けたサイダー」の『ソフトクリーム落としちゃった』。『好きになるのは自由だし…』をライブで初めて歌った涼花萌のいたずらっぽい歌いかけにつられてメンバーが笑ってしまう一幕に、癒やされた。夜を連れてくるセクシータイプの「蛍光灯再生計画」は『タトゥー・ラブ』で、その心に残る疼きを腰を揺らして歌い上げる。『交換条件』では、きれいごとだけでは得られない大人の愛を教えた。また、紅白ユニットでは、パンクゴシックな世界観に酔いしれながら幼い反抗心を歌う『雷鳴のDelay』、甘ロリを冠して個性的すぎるキウイたちが勢揃いした『キウイの主張』で、豊かな表現力を見せつけたのだった。


ついにたどり着いた、11月24日リリースの8thシングル『覚醒』ブロック。過去の衣装は、懐かしく当時を思い出させるも、着実な成長を重ねてきた彼女たちが今まとうべきは、真実を探し求める者の姿にふさわしいベージュのケープだ。表題曲には珍しい、前のめりなほど疾走感のある『覚醒』。夕日に向かって走るがごとくダイナミックなパフォーマンスで、それが才能やひらめきではなく、泥臭くぶつかりながら得られるものだということを感じさせる。憤りとともに燃える心からの叫びが、決意を帯びて響き渡った。さらに驚くべきは、このライブで初解禁となったカップリング曲である。全収録曲を通して、22/7の新たな始まりを予感させていたのだ。まずは、2021年ver.の紅白ユニット曲。「明正レトロポップ ~セピア色~」を掲げる紅組は『今年 初めての雪』で、指ハートやウィンクなど愛嬌盛りだくさんに一番ドキドキする恋の時期を歌い、可愛らしさを極める。対する「令成エモーション ~透色~」白組は、まさに『ヘッドフォンを外せ!』のタイトル通り、身を守る装備を投げ捨てる勢いで拳を振り上げ、ソリッドな低音のボーカルパフォーマンスで会場を揺らした。そして、再び全員が揃っての『Just here and now』。英語詞の始まりも珍しいが、宮瀬玲奈と白沢かなえが順番にセンターを担うアイドルらしさ満点の楽曲で、唇に指を添えて『キスのタイミング』をセンセーショナルに歌った。


あと1曲を残すところで行われた、卒業を迎える3人の挨拶。差し入れを巡ってじゃんけんをするような他愛もない日々が思い返されるばかりだという武田愛奈は、昼公演の「神様に指を差された僕たち」で、ここにはいない東条悠希を担当していた高辻麗のメンバーカラーである紫のペンライトを振ってくれていたことに感謝し、彼女から預かったメッセージとともに「いざこの時間が来たら、ものすごく苦しいです。だけど新しい道に進むために、この景色を目に焼き付けてずっと宝物にさせてください」と、ステージに立つ幸せを与えてくれたファンを真っ直ぐに見つめる。心配を掛けることも多かった分、ファンやメンバーの家族のような優しさを人一倍感じてきた倉岡。ライブ中、ふと将来のことがよぎって振りを間違えてしまったと反省しながら、それでも「そんな美しい光景が見られた自分なら、何があっても生きていける」と微笑んだ。「恩返しの続きをしたいので、待っていてください」という言葉が頼もしい。卒業を発表してから、さらに22/7が好きになってしまったという海乃は、オーディションに落ち続けていた過去の自分にふれ「何もなかった私に出会ってくれて本当にありがとう」と、元気の源であったファンとメンバー、そして、キャラソンを歌いたいという夢を叶えてくれた戸田ジュンへの感謝を伝えた。「声優としてもっと頑張るため、これからは一人で歩きだします。でも、5年前のようにひとりぼっちではありません。みなさんと、また出会えるように頑張ります!」。


ラストナンバー『いつの間にSunrise』は、倉岡をセンターとして卒業する3人が前に立ち、メンバーたちと思いを交わし合いながら歌われる晴れやかな目覚めの曲だ。『空のエメラルド』に継いで22/7の希望の象徴ともなった〝朝日〟が、まぶしい。それは、何にもひるまず飛び立つ者たちの決意そのもの。そんな仲間へのあこがれが、またグループの歩み出す力をくれるのだろう。門出を祝う紙吹雪舞う中で集合したメンバーの笑顔が、卒業写真のごとく心に残された。


「なあなあ、私が一番前で踊るって初めて見たやろ!」とドヤ顔で笑いを誘い「1日1回笑うって、約束してくださいね」と願ったのは、最後まで周りを気にかける倉岡らしい。「22/7も今日のライブも、ほんとに、ほんっとーーに楽しかった!」と、キャラクターと一緒になって湧き上がる思いを発した海乃。第一にメンバーのペンライトの色で喜んでいた武田が、自分の色である緑に光る客席にはしゃぐ姿も愛おしかった。花束を渡す天城サリーは「つらいこともいっぱいあったと思うけど、いつも笑っていてくれてありがとう」と、止めどなくあふれる涙とともに素直な思いを伝えた。


派手な演出はせず、全身全霊のパフォーマンスでなぞった4年間の軌跡。叶えた夢と訪れた別れのはざまにも、大切に引き継がれていく歌割りなどを通して、未来への希望が光る。加入2年目を迎える河瀬詩が、自身が加入前の海外ライブ時のごはんの思い出ばかり語るメンバーに「何しに行ったんですか?」と鋭いツッコミを入れて会場を沸かせた瞬間もまた微笑ましい〝覚醒〟を感じさせる場面だった。


公演中、12月26日に初のキャラクター単独配信ライブ「22/7 5TH BIRTHDAY LIVE 2021 ~Colors of Flowers~」を開催することを発表。〝デジタル声優アイドル〟22/7のもう一つの側面で、これまでの活動を表現するステージが楽しみだ。


(文責:キツカワトモ)


関連リンク

  • 11/16 19:34
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます