安住紳一郎アナ『THE TIME,』で“すりガラス芸”をやらされる 「テレビ見ている人、面白いんですか?」

拡大画像を見る

菅田将暉と小松菜奈は、それぞれのSNSや所属事務所を通じて結婚したことを発表。2人の交際が始まったのは2019年秋、2020年8月に公開されたダブル主演映画『糸』で撮影を通じて仲を深め、真剣交際に発展したという。「出会った頃から変わらず私達は、戦友であり、心の支えであり、これからは家族になります。人生を共に考え進んでいくこと、とっても楽しみです! そして、何事にも丁寧に向き合い感謝を忘れる事なく 愛を持って精進して参ります。夫婦共々温かく見守っていただけると幸いです。これからもよろしくお願いします」と、2人は直筆で結婚を報告した。

『THE TIME,』でも2人の結婚の話題を取り上げ、杉山真也アナが「交際報道があった最中(2020年4月)、2人と番組でロケをしたという番組関係者に話をうかがいます」と真面目に紹介した。するとカメラが切り替わり、着席している安住紳一郎アナが足元からスタンド型のパネル(すりガラス調)を出し、自分の顔の前に置いた。その上でご当地キャラ・ふなっしーのような甲高い声で、2020年4月放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で2人と共演した当時を振り返る。

「結婚報道を見て“やっぱりなぁ”と思いましたよね~、仲良かったですから」「スポーツ紙が“2人が交際している”と報道した直後で、現場では結構動揺してましたけどね、私が」と話す。だが気を遣う彼をよそに菅田と小松は大変仲睦まじく、安住アナは「自分が邪魔者みたいだった」と家に帰ってから落ち込んだようである。この証言をウンウンと頷きながら、真剣に聞いている宇賀神メグアナ。スタジオ内からはスタッフが爆笑する声が聞こえたが、当の安住アナは「これ、本当にテレビ見ている人、面白いんですか?」と不安そうであった。

このコントのような演出に、ツイッター上では「番組関係者=安住アナw」、「もう朝からお腹抱えて笑いました。安住さん引き出しが無限大な気がする」、「やりきるところが素晴らしいですね」、「安住さんすりガラス芸サイコーでしたよ」「朝から安住アナのアナログモザイクとセルフボイスチェンジに笑いました」と概ね好評だった。しかし次番組『ラヴィット!』MCの川島明(麒麟)とのクロストークでは、「もしかしたら『THE TIME,』に、よくない作家さんが入っているかも」と笑いながら心配していた。

画像2、3枚目は『TBS『THE TIME, 』 2021年11月16日付Twitter「関係者Aが独占告白」、2021年11月4日付Twitter「♪そろそろ始まるよん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 11/16 19:10
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます