自民党・世耕幹事長「維新のみなさんもかつて満額受け取った」文通費問題は連帯責任強調

拡大画像を見る

 国会議員の文書通信交通滞在費の問題が指摘されている中で、世耕弘成参院幹事長が16日、報道陣に対して、「問題を指摘された維新の会のみなさんも、かつては数日間の議員在職でも満額を受け取っていたこともあるわけですから、これはもう我々、連帯責任という形で国会議員全体として日割り計算という方式に改めることが重要だろうと思います」と話した。

 この問題は、10月31日に投開票された衆院総選挙で初当選した日本維新の会の小野泰輔衆院議員が、文通費の10月分が1日しか活動していないのに満額100万円支給されることへの疑問をSNSで指摘。大きな反響を呼んでいた。

 自民党はこの日、茂木敏充幹事長が新人議員は全額返還させる方針を示した。世耕氏はこれら受けて、発言した。

関連リンク

  • 11/16 18:48
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます