セルビア代表ヴラホヴィッチ、W杯本戦出場に歓喜「プレーが待ち遠しい」

拡大画像を見る

 セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホヴィッチ(フィオレンティーナ)がFIFAワールドカップカタール2022欧州予選について語った。15日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 14日に行われたFIFAワールドカップカタール2022欧州予選・グループA最終節でポルトガルと対戦したセルビアは、試合終了間際のゴールで逆転に成功し劇的な勝利を収めた。この結果、グループAの最終順位でもセルビアはポルトガルに逆転。W杯本大会への出場を手にした。

 同試合にフル出場したヴラホヴィッチは「W杯でプレーすることが待ち遠しいよ。そこで素晴らしい結果を残したいね」とコメント。また「予選の道のりは並大抵のものではなかった。ただ、何事にも諦めず、出場権の獲得はふさわしいものになったと思う」と振り返った。

 なお、昨シーズンのセリエAの37試合に出場し21得点を決めた21歳のヴラホヴィッチに対しては、トッテナムやアーセナル、ユヴェントスなどが関心を示している。同選手は今後について「僕はただ、より一層努力し勝利とゴールに対する大きな飢えを持ち続けたい。僕はとても野心的だし、いずれ全てが上手くいくと信じているよ」と語った。

関連リンク

  • 11/16 18:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます