ティーラトンがガラタサライと会談へ?…現地メディアが報道も本人は日本でのプレー継続を希望か

拡大画像を見る

 横浜F・マリノスのDFティーラトンに、ガラタサライへの移籍の噂が浮上している。タイの複数メディアが報じている。

 15日、タイのメディア『Thairath』はティーラトンがガラタサライ移籍へ向けた交渉を行う可能性があることを報道。同メディアによればティーラトンの代理人を務める人物がガラタサライへの移籍を望んでおり、近日中に同クラブとの会談を行う運びだという。しかし、現時点ではガラタサライからのオファーが届いている状況ではなく、あくまでも予備的な意味合いの会談であるとしている。

 この報道を受け、タイの他メディアもティーラトンのガラタサライ移籍の可能性について報じている。それによればティーラトン本人はヨーロッパへの移籍にはあまり前向きではないようだ。『Goal Thailand』はティーラトンのコメントを掲載しており、「自分の夢は日本でプレーすることで、ヨーロッパや他の場所でプレーすることではない。これまでにもオーストラリアや中東などのクラブからオファーを受けたことがあるが、同じ理由で断っている」と話しているという。

 ティーラトン自身は日本でプレーすることに強い思いがあるようで、今のところ日本以外の新天地での挑戦は考えていないようだが、今後の動向が注目される。

文=本田辰成

関連リンク

  • 11/16 18:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます