11月19日はレアな『ほぼ皆既』の部分月食! 見頃の時間や方角をチェックしよう

拡大画像を見る

宇宙はロマンの宝庫。人類にはまだ解き明かすことができない謎が、数えきれないほど詰まっています。

また、定期的に披露される壮大な『天体ショー』は、地球上からでも楽しむことができます。

2021年11月19日は『ほぼ皆既』の部分月食!

地球が太陽と月の間に重なり、地球の影によって月が欠けたように見える現象を『月食』と呼びます。

2021年11月19日は、ほぼ皆既月食といえる部分月食を見ることができるのだとか!

皆既月食とは、完全に地球の影で月が見えなくなる現象。国立天文台によると今回の部分月食は、月の直径の97.8%まで影に入り込むそうです。

国立天文台では東京都三鷹市にある三鷹キャンパスから、解説を交えて月食のライブ配信が行われます。

同日16時27分頃から月食が始まり、最大は18時2分頃。それから19時47分にかけて、観測することができると予想されています。

今回の月食は、天気がよければ全国で観測可能。東の空が開けた場所での観察がオススメとのことです。

宇宙の広さを感じる、皆既月食。あなたも、この日は空を見上げてみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 【ライブ配信】部分月食(2021年11月19日)

関連リンク

  • 11/16 18:14
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます