清原和博「涙の日本一!」長嶋茂雄、田中将大…プロ野球『日本シリーズ』伝説の激闘“知られざる裏側”

拡大画像を見る

 セ・パ両リーグの覇者たちが雌雄を決する日本一の大舞台。投手、打者、監督らが死力を尽くした舞台裏を総力取材!!

 プロ野球シーズンの最後を飾る日本シリーズが、11月20日に開幕する。そこで繰り広げられるのは、頂上決戦にふさわしい熱いドラマだ。

 今回は、そんな熱き日本シリーズが生んだあまたの名勝負から、選りすぐりの“秘話”を届けたい。まずはやはり、この人。大一番ほど誰より燃えて結果を出した“シリーズ男”長嶋茂雄の活躍だ。

「日本シリーズでの通算91安打、66打点。4度のMVPは、いずれも歴代最多。そんな大舞台に強いミスターらしさを最も感じさせたのが、レギュラーシーズンでは打率.269といま一つだった1970年。ロッテとのシリーズでした」(スポーツ紙デスク)

 その真骨頂と言えるのが、当時10歳の浩宮様(今上天皇)も観戦に訪れる中で行われた第3戦だ。

「かの“天覧試合”よろしく、延長11回裏に日本シリーズ史上初となる通算20号の2ランを放って試合を決めた。実はこのとき、ミスターは高熱を押しての強行出場。それでも打率.421、4本塁打でMVPですから、やはり天性のスターです」(前同)

 一方、そこで輝く長嶋の姿が「自身の意識を改める契機になった」と語るのが、対するロッテの三塁を守っていた有藤通世氏だ。

「ただもう脱帽するほかなかったよね。かたや私は気持ちが先走って空回り。相手バッテリーもアルトマンを避けて私との勝負を選ぶほどの有様でした。巨人というチームの洗練された戦いぶりと、長嶋さんのすさまじさ。その後の私があったのは、2年目にして、それを目の当たりにできたことが大きかった気がします」

 そのミスターを4本も上回る、歴代トップの通算29本塁打を放っているのが盟友で“世界の王”王貞治。中でも王自身が「最も心に残る本塁打」として挙げるのが、71年の阪急との第3戦。山田久志から打ったサヨナラ3ランだという。

「0対1で迎えた9回裏2死一、三塁からの一撃でした。被安打わずかに3本と絶好調の山田に対し、王はそれまで3打席で凡退。それでも、走者を置いてセットポジションに変えた山田の微妙な“間”を見逃さなかった。ふだん冷静な彼が珍しくガッツポーズを見せるのだから、よほど会心の当たりだったんでしょう」(ベテラン記者)

■伝説となった「江夏の21球」

 一方、最終回、しかも最終戦のマウンドで一打逆転のピンチをしのいで“伝説”となったのが、79年の広島対近鉄。無死満塁という広島の大ピンチを完璧に抑え切った、世に言う“江夏の21球”だ。

「ベンチの古葉竹識監督が継投の準備をさせたことが、“守護神”江夏豊に火をつけた。まず代打の佐々木恭介を三振。続く石渡茂のスクイズを外して、三塁走者を三本間で挟殺し、打席の石渡も結局、三振。あれこそ、まさに独壇場でしたね」(在阪スポーツ紙元デスク)

 ちなみに、この元デスクによれば当時、夕刊も発行していた在阪各紙は、無死満塁の時点で、近鉄日本一へと紙面を切り替えていた。歴史的な熱投の裏でてんてこ舞いを味わったという。

 近鉄が絡む日本シリーズとなれば、あの“事件”にも触れないわけにいくまい。1989年、対巨人との第3戦。勝利投手としてお立ち台に上がった近鉄・加藤哲郎による「巨人はロッテより弱い発言」だ。最終戦で、その加藤から先制のリベンジ弾を放って、シリーズMVPにも輝いた駒田徳広氏が振り返る。

「3戦やって3戦とも負けたら、状況的には何を言われてもしかたない。屈辱というより、“困ったことになった”というのが正直な気持ちだったよね。ただ、結果として、あれで潮目が変わったのは確か。想像以上の大ごとになったことで、近鉄側にも動揺はあったはずだし、だからこそ、つけ入る隙もできたんじゃないかな」

 駒田氏はまた、両者の命運を分けたのは「日本シリーズに対する認識の違い」だったと言う。

「第3戦の後、藤田元司監督が読売本社に行ったと聞いて、僕ら選手にも、ただならぬ雰囲気は否が応でも伝わった。なにしろ当時の務臺光雄名誉会長は、日本一を逃した年を優勝とカウントしないことでも有名な方。つまり、日本一の称号は巨人にとって、それほど大きな意味があったわけです。近鉄との違いがあったとすれば、その重みなんじゃないかなって」

■2アウトと勘違いして号泣!?

 他方、その駒田氏が「巨人軍の一員として戦うことの重みを再認識した」と語るのが、その2年前の日本シリーズだ。西武・清原和博が「KKドラフト事件」因縁の王監督を相手に巨人打倒を成し遂げて、試合中に涙した87年のシリーズだ。

「僕も子どもの頃から巨人ファン。彼と違って単独指名でスポンと入れてしまった立場としては、その意味を改めて考えるきっかけにはなったよね。ちょっと力を抜いて考えれば、プロとして最高の見せ場。でも、たぶん彼の思いは、それが簡単にできないくらい強かった。後々聞いたら、あのとき、本人は2アウトと勘違いして感極まっていたとも言うからね」(駒田氏)

 その87年も含めて3度敗れていた黄金期の西武に、巨人が初めて勝利したのが、監督としてミスターが初めての日本一になった94年の日本シリーズだ。歴史的勝利の裏側にあったのが、あえて初戦で打ち込まれて敗戦投手となった桑田真澄の献身だ。

「盟友・清原に先制アーチを浴びるなど、桑田は6回4失点。結局、試合も0対11の大差で敗れました。ただ、このとき桑田は、スコアラーの集めたデータを基に西武打線を冷静に分析。それを次戦の槙原寛己に伝えてもいた。シリーズMVPの槙原が見せた、流れを引き戻す第2戦の完封劇には、桑田からの的確なアドバイスがあったわけです」(前出のライター)

 同じ年、球界を席巻していたのが彗星の如く現れたオリックスのイチローだ。翌95年のシリーズは、野村克也率いるヤクルトのID野球が、彼をどう攻略するかに注目が集まった。当時、ベンチ入りしていた橋上秀樹氏が言う。

「当時、野村さんはテレビなどで“攻略法があるとすればインサイド”といったことを盛んに口にしていた。戦術の一つとしてメディアを利用して、相手に、それを意識づける。端で見ていて、やっぱり“うまいなぁ”と思いました。しかも、それが下地にあるところへ、第2戦では石井一久から死球を食らった。もちろん故意ではないですが、あれでイチローも“本当に来るんだ”と意識することになったはずです」

 全5戦を通したイチローの打率.263。打者部門で五冠を制したレギュラーシーズンの圧倒的な成績からすれば、それは、いかにも物足りなかった。

「読みではなく体の反応でさまざまな球種に対応する、というのが当時の彼に対する一般の認識。ところが、古田敦也は“彼は球種やコースを、ある程度絞っている”と言っていた。構えたときの軸足の角度が、球種によって微妙に変わる。そのことに彼は試合の中で気がついたんです。イチローの思考を上回った古田の鋭い洞察力。それもまた、大きな勝因の一つではありましたよね」(前同)

■落合が見抜いた巨人の油断!

 その橋上氏は、のちに野村監督の右腕として創成期の楽天の強化に尽力した。2013年には巨人の戦略コーチとして、その楽天と日本シリーズで対決した。

「あのときは分析の大半を田中将大一人に費やして、美馬学ら他の投手に対するデータ収集をおろそかにしてしまった。戦略担当として、そこは大いに反省しました。第7戦で敗れた翌日、東京に戻る新幹線で偶然、隣の席になった落合博満さんからも、“おまえ、油断しすぎだよ。田中ばっかりに目が行きすぎてたんだろ”ってズバリ言われてしまいましたしね(笑)」(同)

 このときの巨人は、第6戦でシーズン無敗の田中に唯一の黒星もつけたが、第7戦では田中自身の志願による連続登板に敗北した。第6戦のベンチ裏の様子を、橋上氏が述懐する。

「選手たちも“絶対に土をつけてやる”と臨んだ試合でしたから、盛り上がりようは前年日本一になったとき以上のものがありました。ただ裏を返せば、そこで彼らのメンツは保たれた。第7戦での連投も想定はしていましたが、その時点でもはや精根は尽きて“燃え尽き症候群”のようになっていましたしね。少なくとも、負けて悔しいといった雰囲気は、すでになかったと思います」

 一方、橋上氏の後悔を言い当てた落合氏といえば、中日監督時代、日本ハムとの対戦となった07年の日本シリーズ。8回まで完全投球の山井大介に替えて、岩瀬仁紀を送った“オレ竜”采配は、今なお語り草だ。

「試合中盤で爪を割っていた山井は満身創痍。降板も実は本人からの申し出でした。当の落合監督にとっても、半世紀以上ぶりの日本一が懸かる1点差ゲームでの苦渋の決断でした。後の自著では“プロOBの一人としては、完全試合が見たかった”と率直に綴っています」(専門誌記者)

 最後に、巨人の惨敗ぶりが話題となった昨年のシリーズを振り返りたい。ソフトバンクの王会長は、王手をかけた第4戦を前に、こう言ったという。

「いかにも非力な吉川尚輝と若林晃弘の1、2番をして、“巨人のあれは何だ。あれでいいのか”と心配顔だったそうです。如実に現れたセ・パのレベルの違いを前にして、巨人OBとしては黙っていられなかったんでしょう」(ベテラン記者)

 今年こそセ・リーグの逆襲はあるか。球史に残る名勝負以上の熱いドラマに期待したい。

■まだある!「日本シリーズ」伝説の名場面

『西鉄VS巨人』(58年)雨天中止からの4連勝 連敗後の移動日、夜行列車内では夜通しの宴会で、エースの稲尾も泥酔したが、第4戦が雨天で中止に。開き直って3連敗からの4連勝。

『ヤクルトVS阪急』(78年)上田監督の猛抗議 第7戦で、ヤクルトの大杉勝男が左翼ポール上に放ったホームランに、阪急の上田利治監督が猛抗議。1時間19分もの試合中断となった。

『阪神VS西武』(85年)悲願の日本一 阪神は三冠王のバースを筆頭に、掛布、岡田らの猛打でリーグ制覇した勢いで日本シリーズも圧勝。しかし、これが球団史上唯一の日本一。

『西武VS巨人』(87年)辻の神走塁 第6戦で一塁走者だった辻発彦は、センターのクロマティの緩慢な送球の間隙をついて、ホームに生還。この神走塁で西武は日本一に。

『ヤクルトVS西武』(97年)野村ID野球の勝利 西武の1、2番は松井稼頭央と大友進の俊足コンビだったが、クイックの得意な石井一久を開幕戦に起用し、西武の機動力野球を封じた。

関連リンク

  • 11/16 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます