BTS・TWICE・NCT 127…K-POPオフライン公演・ワールドツアー続々再開へ

【モデルプレス=2021/11/16】15日、TWICEやNCT 127ら人気グループが相次いでワールドツアーの開催を発表。K-POP界でもついにオフライン公演の再開が具体化されてきている。

◆TWICE、1年10ヶ月ぶり対面コンサート実施へ

TWICEは公式SNSを通してワールドツアー『TWICE 4TH WORLD TOUR‘Ⅲ’』の開催を告知。

公開されたポスターには12月24日~26日の韓国ソウル・KSPO DOME公演を皮切りに、2022年2月16日の米ロサンゼルス公演、18日のオークランド公演、22日のダラス公演、24日のアトランタ公演、26日のニューヨーク公演の日程が提示されている。

TWICEにとって1年10ヶ月ぶりの対面コンサートとなる予定で、ポスターには「AND MORE」とも表示されており、追加の公演にも期待が高まっている。

◆NCT 127、高尺スカイドームで1年11ヶ月ぶり歌手公演

NCT 127は『NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY : SEOUL - THE LINK’』の開催を発表。

現在公開されている日程は12月17~19日のソウル・高尺スカイドーム公演のみだが、今後世界の主要都市で公演が行われるという。

高尺スカイドームは大規模コンサート会場として多くのアーティストが利用してきたが、新型コロナウイルスのパンデミック以降、歌手のコンサートが開かれるのは1年11ヶ月ぶりだという。

◆BTS、パンデミック後初の有観客公演へ

BTSは先月24日「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」をオンライン開催し、新たなツアーの幕を開けた。

先月の公演は配信のみで行われたが、11月27~28日、12月1~2日(現地時間)に米ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」のオフライン公演を実施し、2年ぶりに有観客コンサートを行う予定だ。

◆WINNER、ATEEZら続々 日本でも期待

11月中にも、WINNERのメンバーMINOとYOONがそれぞれソロコンサートをオン・オフライン同時開催する。MINOは19日、YOONは21日にオリンピック公園オリンピックホールで開催予定だ。

ATEEZは2022年からワールドツアー『THE FELLOWSHIP:BEGINNING OF THE END』を敢行する。

1月7~9日のソウル公演を皮切りに、シカゴ、アトランタ、ニューヨーク、ダラス、ロサンゼルス、アムステルダム、ロンドン、パリ、ベルリン、ワルシャワ、マドリードまで世界12都市を巡る予定だ。

ワクチン接種が早期から行われた欧米諸国では既に大型フェスやアーティストのツアーが数多く再開されている。韓国は11月より「ウィズコロナ」への移行をはじめ、防疫規制が段階的に緩和されていることから国内でのコンサート実施計画が具体化されてきている。

日本でも既にジャニーズ等アイドルを含め、多くの国内アーティストの大型公演が再開。また9月18・19日開催の「SUPERSONIC 2021」では、ZEDDやSTEVE AOKIら海外の大物アーティストが来日し、隔離期間を経て出演した。入国時の隔離基準が徐々に緩和されていることからもK-POPアーティストの日本国内での有観客公演も今後期待できるだろう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 11/16 16:16
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます